AT EASE代表 長畑 佐代子のオフィシャルブログ

ツイッター  @sayoko11
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
なま雅楽
19日より 国際音楽学会 東京大会が始まりまして(アジアで開かれるのは初めてらしい)
オープニングコンサートの「雅楽」を芸大奏楽堂に聴きにまいりました。


雅楽なんて ほとんど身近に感じたことがありません。
伊勢神宮 神楽殿で神楽を奉納した際に 巫女さんが舞う間しばし雅楽の演奏がありましたが
なまで身近で接したのは あの時だけ。

雅楽の演奏って どんな?という 興味で行きました。


一部は 
「平調音取」

演奏に先立って奏する短い曲。
これが意外に 身体に心地よい音だった。

「越殿楽残楽三返」

越天楽(えてんらく)とも表記される。
これは 日本人なら誰でも知ってる、というか これしか知らないといっても過言ではないかもしれません。
よく神社で演奏される「あの」曲。
同名曲に 平調 黄鐘調 盤渉調があるそうですが
平調は 民謡「黒田節」の原曲ともいわれています。
そうそう 黒田節だよ、これ。

「朗詠」

声明のような 朗詠。
私は声明好きで わざわざ聴きに行くくらいだから
本質的にこういう朗々と謡うものが好き。

二部
現代雅楽

石井眞木という作家が現代風に作曲した雅楽。

コンテンポラリーアートは 大好きですが
コンテンポラリーな音楽は 一般的に苦手なので どうだろう?と懸念していましたが
面白いことが判明。

雅楽自体が 「非日常」なので たとえそれがコンテンポラリーだとしても
どこが現代的か分からない。
なので 現代音楽なのか 古典雅楽なのか 判断つきかねる。
よって 現代雅楽だからといって 私的に気持ち悪いものではなかった。

三部
古典舞楽

「蘭陵王」

インドネシアからベトナム 中国を経て 伝わったという 面をつけて踊る。
この舞楽は 日本全土 九州から北海道まで 舞ったという 文献が残されれているという。
ほんとか?

スクワットしながら 延々 同じような動作で踊るもの。
どういう意味なんだろう。説明が無くて分からない。

「長慶子」

慣例として舞楽の最後に演奏される曲。



以上。


国際大会だから 観客のほぼ9割が外国人の音楽関係者。

独特の「間」なんだろうな。あの めちゃくちゃゆっくりと出てくるところとか

目の前に座る外国の方が ため息をもらすくらい長い間だった。
「たぶん 集中するために必要な時間なのかも」と おしゃべりしていました。
それにしても 長い。。。。。。。
笙は 温めつづけていないと音程が狂う楽器と聞いたので
直前まで 温めていたために あんなに舞台に出てくるのが遅くなったんだろうか?なんて考えたりして

彼ら 外国の方たちは
面白いと思ったのだろうか?
なんでも勉強の一環として 貪欲に異国の音楽から何かを学ぼうとしていたのだろうか?

私の感想は
雅楽の 楽器の音色は 気持ちよいものであった。ということと
音調も 舞いも 繰り返しで むしろ単調だった。ということ
装束や舞台の色使いを見るに やはりこれは日本とは思えない。
大陸的な文化だなーーー。と
大陸から渡ってきた文化。
中国的 半島的色彩に 日本の湿度がやや混じった感じ。

ガムランを想起してしまいました。全然違うけど。
あんなふうに エキセントリックだったということか。

笙(しょう)の音と 太鼓の音が 特に心地よかった。

正面 太鼓の横に 「かっこ」という小太鼓があるのですが
その「かっこ」を担当する楽師がおじぎをしたら 観衆は拍手をすることを教わりました。
ふうううん、なるほど。
拍手のタイミングが 難しいからね。


大変 興味深い 2時間を過ごしました。





草間彌生のエネルギー
国立新美術館で 「草間彌生 わが永遠の魂」展が開催されています。
70年の画業の集大成。圧巻の迫力です。

会場は 老若男女でいっぱい。
アートに興味のなさそうな人も きっと 草間彌生という人間に興味を持って来場しているのだろうな!
という感じです。

そう 草間には アートを超えて 「すごい!」と感じさせるエネルギーがあります。

幼いころから 水玉模様が見えていた。

描いていることが自己崩壊しない手立て。
描きつづけることが 自分を安定させる唯一の方法。

まさに 命がけで 描きつづけているという。

今年で88歳。
毎日キャンパスに向かう彌生氏。
描いているときの眼が すごいんです。
会場前の 映像があります。

そんな彼女の絵にエネルギーが無いわけがない。
入ってすぐのホール一面に 壁を埋め尽くす絵。



この中には きっと あなたが好きだと思える一枚があるはず。
それを見つけるのも 楽しい作業です。

私はこれが好きな一つ




個人的には 1970年代の コラージュ作品がとても素敵だと思いました
もちろん現在の絵も はじけていてすごい!!!

描きつづけなければ 精神が崩壊するという状況の中で
世界中から賞賛をあびている人。
アーティストとしては きっと 最高に幸せなんだろうな。

まさに命をかけて 日々描く絵に
本当に元気をもらえます。


5月22日まで。


ティツィアーノ
東京都美術館で「ティツィアーノとヴェネツィア派展」が開催されています。


イタリアの巨匠  当時のヴェネツィアで最も影響力のあった画家です。

1515年の 「フローラ」
愛され続けた 可憐な女性。その肌の透明感は半端ないです。
これは実物でないと分からない。




枢機卿が 「ウルヴィーノのヴィーナス」以上のヌードを希望して注文したという。
「ダナエ」
 
金の雨になった ゼウスを受け入れる 股を開いた恍惚のダナエ。
枢機卿が こんな絵を注文しちゃうんですね。

ダナエの画像は ネット検索してみてくださいね。


私は個人的には 画家の力は肖像画にあると思うので
教皇を描いた これが一番すごいと思いました。
半端ない「生きる力」(良くも悪くも)が みごとに表されている。



ティツィアーノにより レンブラントとか ルノワールとか たくさんの画家が
感動して影響を受けてきたわけです。


私は ヴェナツィアの フラーリ教会で「聖母子被昇天」を見ました。




愛くるしいマリア 

ティツィアーノは 大衆が求める 可憐なマリアをみごとに表現していました。
天才というものは 自分勝手な表現をごり押しする人ではなく
周りが求めるイメージを 最大限に引き出すことが出来る人なのだなあと
つくづく感じた次第です。


だからこその 当時の人気画家であったわけだ。


これって すべての表現者に当てはまることだと思うのですが
どんなに技術や感性が優れていても 当時の民衆や注文主の意向に寄り添えなければ
人気者にはなれない。
人気者になれないということは その道で生活をすることが出来ないということでもあります。

誰にも理解されなくてもいい。自分は自分が望む道を行くのみ。
と 孤高のアーティストもいると思いますが
それだと自分が本当に追求したい道とは別に 生活費を稼ぐ道を見つけなければなりません。
亡くなった後に評価される人もいるけれど(アンリ・ルソーみたいに)
やはり 生きている間に ちゃんとそれなりの評価をもらって
生活のためのお金を稼いで行ける方がいい。

だから 天才というものは
人の望むものも ちゃんと把握できる人だと思う。

ティツィアーノは 天才。




資生堂で 吉岡徳仁

資生堂ギャラリーで「吉岡徳仁 スペクトル」が開催されています。
会場いっぱい 霧の中で虹が走ります。




吉岡氏は 結晶とかクリスタルとか使わせたら 第一級のアーティストです。

繊細で幻想的。

クリスタルに 光を当てて 虹色をつくる。




この作品の裏には 16分のビデオがあり
今までの吉岡氏の作品を紹介しています。




これは是非 全部見てほしい。
美しい作品たち。

どれも繊細で技術的で知性的。
ガラスのベンチは パリ オルセー美術館の印象派ギャラリーに常時展示
結晶の椅子
クリスタルプリズムでつくられた建築
ガラスの茶室など。


入場は無料だから とってもお得!です。


帰りには ROSE BAKERYで ヴェジタブルプレートを食す。



これ ボリュームたっぷりで お腹いっぱいになります。

ヴェジタブルプレートって いろいろなサラダが載っているけど
他の店では ぼんやりした味のサラダが多いような気がしますが
こちらのサラダたちは
クミン や ミント パクチー バジル ディルなど
香辛料や香味野菜をたっぷりきかせて どれも個性的でしっかりした味付けをしているから好き。



資生堂ギャラリーは 3月26日まで。

何故か 写真が巨大化してしまいました。

 

ラバーによる好転反応
直接私から説明を受けた方のみの販売ですので
HPには掲載しておりませんが

サロンや私を通して セラミックラバーをご購入の皆さま

続々好転反応が出ているようです。


ラバーを当てた個所のみならず
まったく離れた個所にも 反応は出てきます。

自分の弱かった内臓や筋肉など
血流が上がることで それらの弱い個所が変化していくわけですが

1枚以上を装着している方は 反応が早く出てきます。

当てた場所に かゆみ あるいは ひりひりした感じ 赤味
内臓の ツレ 重み 痛み 
頭痛 肩こり 吐き気 倦怠感 眠気
湿疹 吹き出物 
寒気 震え

などなど

いずれも ラバーを外せば その症状は消えますが
好転反応が起きるということは 確実に体が変化しているという過程なので
喜ばしいことです。

自分の感覚を大事にして
外したいと思えば しばらく外す
もう少し 頑張ろうと思えば そのまま当てておく。


薬を多用してきた場合は
たまった毒が抜ける過程で 様々な反応が出ます。

脱ステロイドしている場合も
湿疹が浮き上がってきたり 
じくじくした肌から リンパ液が浸出するなど
見た目恐ろしい反応も出ますが
それを通り越せば 綺麗な肌が出てくるのと同じです。

今のところ自覚する好転反応を起こさずに
身体が温かいと実感できている方 体温が上昇したと実感できる方
胃腸の状態が良くなってきたと実感できる方
リンパのしこりが消えたという方
そのような方も
これから先 好転反応が出てくる可能性があります。

自分の免疫力が上がる過程ですね。


自分の力で健康を手に入れるということは
不具合な状態を自らの力で克服するということでもありますので
「どうなるのかなーー」と 楽しむ心の余裕があればいいですね。

不具合が生じたからと言って それを薬で押さえてしまっては
本末転倒ですので
それなら ラバーを外してください。



こどもたち3人と私自身 30年以上の好転反応のエキスパートでもあります。

不安を感じる方は
HPから いつでもお問い合わせください。


好転反応
好転反応

これは排毒作用とも言われ 体が健康体になる過程で 様々な個所に痛みや不具合が起きるものです。

東洋医学では メンケン反応とも言います。


健康食品などでは よく利用される言葉でもあるので
それが本当の好転反応なのか あるいは自分の身体に合わない もしくは毒そのものの反応なのかを
見極めなくてはならないでしょう。


正しい好転反応は 排毒作用で
自分の弱い個所に痛みや不具合が起きるので

たとえば
胃腸の弱い人は 胃の痛み 胃の重さ 下痢 便秘
頭痛もちであれば もちろん頭痛
肩こり 体のだるさ 体の重さ 吐き気
以前に病気を起こしていた個所が 再び痛むとか

薬を多用していた場合は 震え 悪寒

好転反応であれば いずれその症状は綺麗に消えます。
驚くほどきれいに消えることが特徴でしょうか。

身体を変化させるためには 好転反応は避けられないものです。


正しい漢方薬 (ツ○ラの漢方薬は認めません)を漢方医に処方された場合
正しい方法で 断食を行った場合も
同様な反応が起きます。


脱ステロイドを経験されている方は 思いっきり体験しているはず。

身体に毒がたまっていればいいるほど
すさまじい反応が起きることもありますので
初心者は かなり驚きます。


本当に健康体になりたいならば
そのリスクは甘んじなければならないです。

なんのリスクも無く 健康になることは まずない。

免疫力をつけようとしたら
風邪をひいて 自分の力で薬を利用せずに 治すしかない。
それを繰り返すことによって 自己免疫力は育ちます。
高熱を出したら しっかり水分を摂り 温めるところは温めて 冷やすところはしっかり冷やして
苦しみながら 汗をかき 尿を出し ひたすら自分の細胞の力を信じて休養する。


安易に薬を利用することで
多くの人は 免疫力を失う生活をしています。

免疫力がないので インフルエンザにかかりやすい
どんどん弱い体になっているので
健康食品やサプリをたくさん摂りたくなる。
その健康食品の原料はどこから仕入れているのか気にしていますか?
さらに
除菌商品をたんまり使う。
空気中に除菌のスプレーを撒いたり・・・・

もったいないことです。

お金をかけて自分の身体を弱くしているみたい。


私の子育てのテーマは 「免疫力をつける」ということが最大でした。
そして 私の会社のコンセプトも同じです。


肌の美しさも 血流が綺麗に流れていることが大切。
シミが出来にくい肌にするのも 皺が出来にくい肌にするのも
身体が健康であるということが一番大きいことだと思うので。

滞ることなく血が流れれば それだけで肌は白くなる。
薄いシミは消える。

高価なクリームや美容液で 皺を消そうとしたり

メディカル美容で 肌に張りを持たせようとしても
その反作用は必ずどこかに出ることになると思う。












新しい考え方の人
この方は 本当に面白い方だと思う。

キングコング西野さん「お金の奴隷解放宣言」
http://lineblog.me/nishino/archives/9256089.html


絵本の描き方も新しいし
その絵本を無料公開して みんな「読んで!」って。

無料公開したことで 中身を知って 買ってくれる人が増えているという。



新しいですね。


こういう考え方をする人がどんどん これから増えていくのでしょうね。


お金を貯めるために働くとか。
贅沢をするために お金が欲しいとか。

もう すでにその段階で奴隷状態。


お金は 何かを実現するための手段だから
やりたいことが決まれば それを実行するためのお金は 必ず手に入ることになっているのに。

「お金」そのものを目的にするなんて 馬鹿げている。

お金の意識から解放されると お金は自分の中で自由になって
むしろ 「私の意志」で動いていく。

それを こんなふうに あっけらかんと 言及してくれると 潔い。



この絵本 さすが プロたちがたくさん手助けして仕上げただけあって
とても綺麗な絵。

確かにこれを見たら お母さんは こどものために買うかもしれない。




水ごり
年間を通して 毎晩 お風呂の最後には 頭から水をかぶります。

夏でも冬でも。


この時期の水は危ない。
冷たいのではなく、「痛い」から。

気を付けないと 心臓発作を起こしかねないので
足先から 徐々に体に向かって冷たいシャワーの水をかけていくのですが
シャワーの当たるところは みるみる皮膚が真っ赤になっていくのですね。

この寒さです。水はものすごく冷えていますから。

ものすごく冷たいので ものすごい勢いで血流が走る。


一番つらいのは 頸筋かなあ。
冷たい、てか 痛いもんなあ。


しかし この習慣を続けるようになって
とくに 冬場は お風呂上りがぽかぽかになるのです。


特に頸筋は 「うひゃっ!!!」という 感覚です。

この 「うひゃっ!!」という 状況で
万が一にも なにものかが憑いていた場合は
おそらく それは外れる。


憑き物すら落ちる 勢いがあります。


この習慣は 夫から勧められました。
それまでは 足先だけ冷たい水をかけていましたが
「体中にかぶったほうが気持ちいい」と進言され
素直に従ったところ やはり気持ちいいことが実証されて 今に至っています。


これは効きます。




全惑星順行!!

8日から すべての惑星が順行するという。


逆行すると 物事が うまく進みにくくなったりするらしいけれど
順行になると その反対で 物事がすんなり進んでいく。


確かに経験でも 惑星が逆行していると なんだかうまくいかないことや
意思疎通がちぐはぐになったり
そんなことがありがちです。

しかも すべての惑星が順行!!!!

これはもう いろんなことが 驚くほど 進むということですか?


しかも この順行の期間は 8日から 一か月ほどもあるので
この チャンスを見逃すことはないですね。

やったあ。

どんどんいろんな企画を進めてみようじゃないの。


これは天からの お年玉のようなものかも。

この期間は奇跡も起きるというので
どんな無茶なことも うまくいくかもしれませんね。

この一か月の間に この一年の大まかな計画を立ててしまえばいいのかしら。
あるいは
この一年でやろうとしていることを この一か月に凝縮してやってしまえばいいのかしら。
何かを始めようとしていたら この期間に始めればいいのかしら。


いずれにせよ
わくわくする出来事にちがいないです。

年明け
あんまり楽しいニュースもない
世界がざわついている中で
一番 楽しい ニュースでは?






 

2017年
明けましておめでとうございます。

昨夜の空は 月と 輝く金星がすごかったですね。





驚くほど 金星が大きく明るく 月に寄り添っていました。



さらに 今日 1月3日の夕方からは
火星も 近くに。




石井ゆかりさんによれば 今週は
「過去に解けなかった 謎が解ける」
「少し後に戻ったり、立ち止まったりして、見過ごされていたものにちゃんとつきあう」


という週だそうです。

新しい年の始まりですが 少しだけ過去に思いを寄せる。という週なのですね。


毎年恒例 大好きな深川不動で 太鼓と炎にエキサイトさせてもらい
私は 昨年からの課題に 今後も取り組むぞ!という 決意を新たにいたしました。


護摩を見ながら やっぱり空海ってすごいな、なんて感動しつつ。。。。


今年も よろしくお願い致します。