AT EASE代表 長畑 佐代子のオフィシャルブログ

ツイッター  @sayoko11
<< January 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
全惑星順行!!

8日から すべての惑星が順行するという。


逆行すると 物事が うまく進みにくくなったりするらしいけれど
順行になると その反対で 物事がすんなり進んでいく。


確かに経験でも 惑星が逆行していると なんだかうまくいかないことや
意思疎通がちぐはぐになったり
そんなことがありがちです。

しかも すべての惑星が順行!!!!

これはもう いろんなことが 驚くほど 進むということですか?


しかも この順行の期間は 8日から 一か月ほどもあるので
この チャンスを見逃すことはないですね。

やったあ。

どんどんいろんな企画を進めてみようじゃないの。


これは天からの お年玉のようなものかも。

この期間は奇跡も起きるというので
どんな無茶なことも うまくいくかもしれませんね。

この一か月の間に この一年の大まかな計画を立ててしまえばいいのかしら。
あるいは
この一年でやろうとしていることを この一か月に凝縮してやってしまえばいいのかしら。
何かを始めようとしていたら この期間に始めればいいのかしら。


いずれにせよ
わくわくする出来事にちがいないです。

年明け
あんまり楽しいニュースもない
世界がざわついている中で
一番 楽しい ニュースでは?






 

2017年
明けましておめでとうございます。

昨夜の空は 月と 輝く金星がすごかったですね。





驚くほど 金星が大きく明るく 月に寄り添っていました。



さらに 今日 1月3日の夕方からは
火星も 近くに。




石井ゆかりさんによれば 今週は
「過去に解けなかった 謎が解ける」
「少し後に戻ったり、立ち止まったりして、見過ごされていたものにちゃんとつきあう」


という週だそうです。

新しい年の始まりですが 少しだけ過去に思いを寄せる。という週なのですね。


毎年恒例 大好きな深川不動で 太鼓と炎にエキサイトさせてもらい
私は 昨年からの課題に 今後も取り組むぞ!という 決意を新たにいたしました。


護摩を見ながら やっぱり空海ってすごいな、なんて感動しつつ。。。。


今年も よろしくお願い致します。









あと2年
この15年 ほどになるだろうか。

私の中に 確信的な夢があり それに向かってわくわくしながら生きてきたことがあります。


「60歳で 私は私が考えてきた理想の人間になれる」という夢

なぜ60という年齢を考えたのか 分かりません。
60という年齢は 考えたのではなく浮かんできました。


なりたい自分。

具体的に いろいろありますが
それは恥ずかしいから 公表しない。

たくさんの具体的理想像を ある程度 自分が納得できるところまで実現できるときが
60歳。


そう思いながらの15年でした。


だから あと2年。

理想像といっても 人間は日々成熟に向かうわけですから
60を 越しても よりよい明日に向かって 努力を続けることになりますが
とりあえずの 人生の目標は 60.


一番好きな自分になるときのはず。
そう思って
なんやらかんやら やってきました。

体力は確実に落ちてきていますし
それに伴って 気力も少しずつ落ちているのは間違いありません。

けれど
充実感は 年々増しています。
楽しいと思う気持ちや 感謝したいと思う気持ちも どんどん増している。
たぶん
体力や気力が落ちているからこそ 一瞬の充実感や幸福感を若いとき以上に感じることが
出来ているのかもしれません。

だから
私は老いていますが 幸せです。

そして 2年後
私の人生のピークがくるはず!!!! そう信じている。
ピークというと あとは下がるばかりだけど
そのピークを ずっとそれからもキープしつづけて 努力を重ねるつもりです。

悲しいことに 私は相当な「生真面目」で
かなりそれで苦しいことになってきたのですが
老いてきて かなりそれが溶解しつつある。はず。

生真面目な部分は 若いとつらいけど こんな風に老いてくると
生真面目に努力を続けることは けっこう いいんじゃないか?と思うわけ。

その生真面目さが 毎日のルーティンを生み出していて
今の私を作り上げていますので。


「生真面目」を放り投げたいと思っている同志のみなさん。
その生真面目さが 年齢を重ねると役に立ちますよ!
生真面目でも 緩めることを知ってさえいれば大丈夫。
私は 自分の理想像に向かって ますます上手に緩めながら 楽しく生きていくこと
さらに 自分の体調も 最高のところにもっていけるよう わくわくしながら生きることを
この場でも宣言します。


あはは。

2016年という なんだか ものすごく騒がしい年の12月に
宣言できてよかった。

口に出す
紙に書く
みんなに宣言する

これが ものすごい次元操作力を生み出すから。












大きな組織には職人がいないのかな
お風呂の扉の 水切り部分が破損していました。
お風呂場の水が 外に出ないようにする ドアの下についているあれ。

我が家のマンションの施工会社のリフォーム部に問い合わせて 見に来てもらいましたが

その部分だけの取り替えは できないという。

風呂場のドア全部と その枠を総取り替えしないとならない。
そのドア自体の値段は 10万円以上
さらに施工費が別途かかる。
ゴムの水切りが破損しただけで ドアの取り替え・・・・・?


ドアはなんともないのに なぜそんな大金をかけないといけないのか。


さらに

洗面所の陶器のボール部分に ひびが入っており そこから水漏れがあるわけではありませんでしたが
気持ちが悪いので 取り替えてもらいたい。

洗面台の 人工大理石部分にも欠けがあるので

洗面台の 上部部分だけを取り外して 新しい洗面台にしてもらいたい。

現在の洗面台に付属している 下部にある引き出しは まったく健在だし
洗面台上部の 鏡も大きくて気に入っているから 変えたくない。


それに対しても
洗面台の上部だけを 取り替えることはできない。
新しい洗面台に 総取り替えしてもらいたい。
その際 どんなに気に入っていようが その下についている引き出しや 鏡を
そのまま残すことはできない、という。


洗面台って どんなに安くても 数十万はするし
現在使っている 引き出しや鏡と同等のものを求めようとすると
かなり高価な洗面台を 買わなくてはならない。



こんなことってあるの?

全部で 風呂場のドアと 洗面台だけで とんでもない値段の見積もりがきました。




ネットで工務店を探し
その件を相談したところ 洗面台は外して 上層部分だけを取り替えましょう。
風呂場の水きりは ドアを製造している会社が その部分の製品をつくっていないので
自分が適当なものを使って直しましょう。

そういっていただき
早速 改修工事をしてもらいました。

洗面台は測って うちのものにぴったりなものを見つけてもらったし
取り付けた際に 下の引き出しがうまく引き出せなくなったので
引き出しの上部部分を カットして合わせてくれるという技まで!


予算がうんと浮いたので 洗面所の 壁 床の 張替も全部お願いし
さらに ほかの部屋の扉の 破損部分(昔息子が なぐって穴をあけた)も新品のように直してもらいました。
それだけやってもらって なんと 当初の予算の 半分以下!



その方が言うには 大きな組織のリフォーム部には 昔気質の職人はいない。
素人でも施工できるように 全取り替えは出来るけど 一部分の修理をしたり
さらには 代替え品のないものを工夫して 臨機応変に修理することもできない。
さらに マンションなどは 素人が施工できるような仕掛けがたくさんあって
高層マンションでは 風にあおられて室内のドアが 外れたりする事故がたくさんあるようなのですが
それも 本来はあってはならないこと。
施工がいい加減だからこそ そんなことが起きるのだという。



ひどいものですね。

売り上げを上げるためには どんどん 新しいものに総取り替えさせて
お金を使わせる。

破損したところだけを修理すれば まだまだ長い間使用できるものを。

もう これからは すべて 工務店の職人さんに相談することにする。

というわけで
今年中に 我が家の問題ある部分は全部 すっきりしました。

めでたしめでたし。手






銀杏の葉で
浅草橋に買い出しに行ったところ 通りすがりの神社で銀杏の葉がこんな!



ここにも!



良い具合に掃きためられていました。
まるで 「ほおら、ひろってひろって。」と言わんばかりに。


では この山もりの銀杏の葉で 防虫剤を作ろう!と思い立ち
たくさん 拾ってまいりました。

綺麗に洗って 大ざるで 干す事 三日




しっかり水分が切れて乾いたら

袋に入れて 出来上がり。
袋は綿か絹と言われましたが オーガンジーならいいか。




こぶし大の袋にいっぱい詰めて これでだいたい 箪笥の引き出し一つ分。

2年はもつという。

これは 呉服屋さんに聞いた情報なので 本当です。


ちょうど今 銀杏の葉がわんさか散っていますので
防虫剤を作るチャンスです。
ナフタリンよりよほど 色っぽい。


銀杏は ぎんなんも美味しいけど 葉っぱも使えるんですね。

こういうの作って 生活に使えるのは楽しいです。

自分の次元操作
自分の現在を 希望通りに動かす方法。


「〜であるといいな」という 思いを持つということは
もちろん大事です。
「〜なる。」ということを信じることも。


それを 外に表出すると もっと現実化が早くなるようです。

人に話す。
日記に書く。
次元操作ノート(?)に書きこむ。


一番すごかったと思うのは

会社を立ち上げたとき
最初は 化粧品の製造販売のみでしたが

立ち上げの「定款」を書く際

こういうこともやってみたいな。
という ものを全部書きこんでみた。


そうしたら
公文書に書きこむって すごい。

全部 実現しちゃいました。

その中の少しを書いてみると
○本を出版する
○サロンの開設

とか。

実は まだまだ ありますが。



まるで現実的でなかったことでさえ すべて 現在実現してしまいました。



自分の希望通りに 次元を操作することって
実は けっこう簡単かもしれない。


定款には書かなかったけれど
サロンを開設するのは ある目的もあったからなのですが
それも実現している。
ここには書かないけど。

今年は さらに その希望が どんどん実現する始まりの年になりました。

私の 〜なったら楽しい。 という思いは
これからますます広がります。

サロンに来て下さる人
化粧品を使って下さる人
その人たちと 繋がって 次のステージに!

そのスタートを自覚して。
今日は私の誕生日。


太陽が暗くなって さらに

太陽が暗くなっているのに 気温が上がっていました。
そして今夜から 東京は雪になるという。


世界中で 気温が変動しているようです。
暑くなったり 寒くなったり。

太陽のコロナホールも ものすごい大きさになっている。


アフリカのナイジェリアでは 雹嵐とな。



私はちょくちょく 太陽を直視しているのですが
(あまり お薦めはできないけど)

今の太陽は 中心が完全に 青(みどりっぽい)になっているのが分かります。



「青い太陽」


に なっていくのだろうか。


こんなふうに なんとなく昼間が暗くなって
気温の差が 激変してくると
気持ちが不安になりがちです。


こういうのに乗じて 人の不安を煽るものが ネットなどで出始めます。


この 暗い太陽は そのうち 終わる。

あと 数週間か・・・・・ そのくらいで。










 

太陽が暗い
11月に14日間の 太陽のブラックアウトがある。
とNASAが発表していたようですが 今は撤回されています。

以下。


NASAの天文学者らは、11月15日から11月30日にかけて地球は昼も夜も真っ暗な状態になる可能性があると伝えています。
11月に起きる約14日間の暗闇は、金星と木星の位置が関係します。
オバマ大統領が任命したNASAのトップ(チャールズ・ボルデン氏)が、ホワイトハウスに11月の暗闇を予測する資料(計1000ページ)を提供しました。
この資料によると、この期間中、金星と木星の距離がたった1度にまで接近した状態で並列になります。
金星が木星の南西部を通過するときに金星の光が木星を通常の10倍の明るさにし木星のガスを熱します

すると木星のガスがある種の反応を起こします。
このガスが反応すると前例のない量の水素が宇宙に放出されます。
水素ガスは太陽の表面に到達し、太陽表面を爆発させます。
すると太陽表面は一瞬にして9000度ケルビンまで温度が上昇します。
すると、太陽は核から熱を放出しながら表面の爆発を止めさせようとします
しかし核からの熱により太陽表面は暗くなり、赤ではなく青い色に変えます。
太陽表面が青くなると約14日間にわたり地球を暗くします。


NASAのトップ ボルデン氏は 次ように言っています。

太陽が暗くなることで地球にどのような影響を及ぼすかはわからないが、この時、地球の温度は6度から8度は上昇することが推測される
最も影響が受けやすいのは極冠である。
ただ、暗闇が続いても、アラスカの住民が冬に体験していることと同じなのであまり心配する必要はない。ただ、感謝祭の後に実際に暗い金曜日を迎えることになるだろう。。。


15日あたりから 太陽が 暗くなっていることにもうお気づきでしょうか。

どんどん暗くなっています。

朝日に 元気がない。
夕方や 日蔭が 異様に暗い。

私は けっこうちょくちょく 太陽を直視してしまうのですが
今の太陽を直視するのは けっこう楽なんです。暗いから。



どのくらいまで 暗くなるのでしょうか。

それもまた楽しみであります。

チャネラーたちは 真っ暗になる。と 予言していたようですが
アセンションが完了した 現在は やはり 予言はずれるようで
真っ暗にはなっていませんね。






もはや強い刺激は・・・
国立新美術館で 「ダリ展」が開催されています。

いわゆるあの「ダリ風」な絵が誕生する以前の
印象派のような ダリの絵も来日していて

ダリの足跡が想像できて楽しい。


冒頭 女性の目が切り開かれるというショッキングな映像から始まる
ダリの 最初の映画「アンダルシアの犬」。


以前 ダリ展でも上映されていたのですが
立ち見だったので 全部見ることをしなかったけど
今回は 椅子もあり はじめて 約15分の映像を見ることができました。

初回上映の際は ピカソらが絶賛したという。
そういう時代だったのでしょう。
私はやはり意味がわからないけど
不条理で不穏な雰囲気だけは感じました。

今観て 面白いか といえば 私は面白くない。
けれど
その時代に こういう衝撃的な不条理作品が公開されたということを想像すると
面白い。

そのほかの映像は
ヒッチコックの 映画 グレゴリー・ペックが夢を語るシーンで
ダリが その夢を担当したシーン

ディズニーが ダリの世界をアニメで再現した 美しい映像もあり
(これは一見の価値おおいにあり!!! ガラが主人公)

見どころは満載です。

映画だけでなく ダリは 宝石や 演劇の舞台美術
本の挿絵など 幅広く活躍しており
時代の寵児でした。


これらすべては ダリにとっての 生涯のミューズである
年上の破天荒で 遊び好きな妻 ガラのお手柄なのでしょう。

ダリのキャラ付けも ダリの作品選びも
すべてが ガラのプロデュースだったらしい。


ガラは ダリにとっての女神であり 聖母でありました。

ガラの晩年は ダリにも会おうとせず さらに年下の愛人と 
ダリが用意してくれたガラのお城で暮らしました。
やりたい放題だね。

だから ガラが亡くなった後は たぶん抜け殻になっちゃんたんですね。
引きこもって 作品も作らなかったという。

ガラがプロデュースしたからこその 「ダリ」であったということ。

大スターだったアーティストだけど
果たして 幸せだったのかな?



ダリの象徴とされる 「蟻」や「歪んだ時計」のモチーフ。
黄色と青を混ぜた ダリ独特の 美しいけれど不穏な背景の色。
強烈なダリの世界。




すごく面白かったのですよ。この展覧会。

気持ちはかなり高揚したんだけど
肉体が 疲れた・・・・・

刺激の強いものに対して もはや肉体がついていけなくなっているのか?
かなしいけど。

年齢を重ねていくってこういうことなのかな。



もう若くないから
なるべく 美しい穏やかな
目に優しいものを 選択していかなくてはいけないのかもしれません。


( ;∀;)


12月12日まで。





ヨガで瞑想するには
ヨガは瞑想でもあります。

ポーズを作ることを重視するのではなく
一番大切なのは 呼吸。

呼吸に意識を向けて それぞれのポーズで いろいろな筋肉が動くことを感じること。


それ以外は 全部頭から払い去って
自分の呼吸と 今使っている 筋肉の感覚 血液の流れに
意識を向けることで

脳がリセットされるんですね。



だからこそ
ヨガの後は 筋肉の爽快さもさることながら
頭もすっきりするというわけ。


ヨガ教室の先生は どの人も 呼吸が大事だということを力説されると思いますが
「吐いて」「吸う」という 呼吸のタイミングをしっかり 教えてくれないところは
ヨガの本質ではないので
あまり通っても意味がないしょう。

呼吸がしっかりできているからこそ
さらに
呼吸に意識を向けて それ以外の煩悩を払っていると
どんなに 難しいポーズもできる。


取り組みやすい 瞑想だと思います。


筋肉もできるし ストレッチもできる
血流も良くなるし
頭もすっきりする

やめられません。