AT EASE代表 長畑 佐代子のオフィシャルブログ

ツイッター  @sayoko11
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
何もしない時は 生産的だった。
時間が空くと
何かしないともったいない
何もしないと罪悪感
みたいな強迫観念が 若いうちはすごかったわけです。
非生産的なことをやっている自分が許せない、みたいな。

家にいるときは そういう時間が出来ると
窓拭きしたり
台所をいつもより丁寧に掃除したり
引き出しの整理をしたり
そういうことを ちまちまやることで
「やった感!」が生じて満足する。
みたいなことをしていました。 動きまくってたわけ。

ところが
現在は 
ポカっとあいた時間
音楽も聴かないで もちろんテレビもつけないで DVDも見ないで 本も読まないで
何にもしない 時間を作ることができるようになりましたよ。

夜は 一人で過ごすことが多くなったので
余計に そういう時間の使い方 出来るようになったのでしょう。
ぽけーっと 何かを考えるでもなく 放心していると
頭に溜まっていた おり のようなものが 次々に浮かんできて
そこから連想を飛ばしたり 想像が膨らんだりするのです。

音楽を聴いていると そういうわけにはいかない。
音楽を聴いていると コーヒー飲みたくなったり 何かつまみたくなったり
ちまちま動くことになる。雑誌読みたくなったり。

音楽も消して
無音の中で 身を委ねると
不思議と 日常とは違った景色が感じられるようになる ということに気が付いたのです。

最初のうちは 何もしないという行為そのものが我慢できなくて
試しに 音楽消して テレビも消してみると
本読みたくなったりしてしまい 結局何時間も読書しちゃった。
ということになっていましたが
だんだんと 何もしない時間を 5分 10分と伸ばして
今や 1時間は ぼーっとできるようになった。

これは もしかしたら 老化が進んできているのか?
認知症になると 何もしない状態が 一日続いちゃったりしても平気になるみたいに。

その時は その時
何も考えない 悠久の時間を楽しめばいいですね。

今は そうじゃない。
何かしたくて うずうずする衝動を抑え込んでの 「何もしない」だから

何もしないことが 面白い発想や 着想や 悩める結論を引き出したりしています。

すべての雑音をシャットアウトすると
もしかしたら 守護霊さんとか そのへんのエネルギーと交信しやすくなるのかしら。
なんて・・・・


とにかくも 自分の底に潜んでいた 自分の声は聞こえる。
という発見がありました。
「ながら」では 発見できないものが発見される。
これが 最近の 大発見。

こんなふうに そのうち何時間もの瞑想が出来るように 繋がっていくのかな。



贅沢生リース〜!

去年は オレゴンモミで スワッグタイプのものを作った。

モミは とってももったから お正月には 御幣を付け加えて そのままお正月飾りにして使えました。

 

今年は コニファーや モミや カラーリーフをふんだんに使わせてもらって

贅沢な 針葉樹の生リースを作りました。

 

いい香り!!!

 

このまま ゆるやかにすべての素材がドライ化していくはずなので

完全ドライになったらまた違う用途で使えるはず。

 

年末のプチ贅沢。

 

 

 

東京国立博物館 正倉院ではなくてー「人 神 自然」
トーハクで 「正倉院展」やっておりますが
そちらではなく

常設展のチケットで見ることができる 特別展
「人 神 自然」が すごく面白かった!

正倉院展 以前に行きましたが 私の興味をそそるものがあまりなかったので
今回は スルー。
正倉院のものは 聖武天皇が使うものだから 面白い神像とか土臭いものなんか
あるわけない。
だから 私にとってはつまらないわけですが。


代わりに こちらの特別展 11月6日からで 神々の面の看板を見た瞬間から
「これは 行かなきゃ!!」と思い 早速行ってまいりました。


カタール国の王族 アール・サーニ殿下が収集したコレクションです。


世界あちこちの 古代の神像 動物たち。
見たこともない造形がたっくさんあります。

入口入って 右手の ラメセス2世の 巨大な神像は
くらっくらするくらいのエネルギーがありました。

私は 特に 紀元前2500年から1800年頃という
バクトリア・マルギアナ の 女性像に わくわくしました。
同じく バクトリアの 「スカーフェイス」も面白いったら!
見惚れる・・・・・目が離せない・・・・
場所を確かめると そこは今の トルクメニスタン。アフガニスタンあたり。

私はトルコとか 中東のものを見ると むずむずするのですが
たぶん 前世そちらで生きていたからだと思います。


謎の 「スターゲイザー」の女性像は 宇宙人か!
これは アナトリア半島 前期青銅器時代 紀元前3300〜2500年のものなのに
洗練された現代アートのフォルムのよう。

造形の面白さに ものすごくインスパイアされます。


トーハクの中の 東洋館は テラスがあって
トーハクの内庭を見下ろすことができる 気持ちの良い場所ですが
人にはあまり知られていないので 休日でもすいていて 穴場。


こちらに併設されるレストランは あまりおいしくないので
平成館まで行って たん熊のお弁当や 鶴屋吉信の豆かんを 食べる。

中庭には 美味しいコーヒーの淹れたてを飲ませてくれる屋台もあり

ついでに 本館の展示まで見たら
一日中遊べます。

本館の ソファーは立派なので こちらでくつろいで読書も最適。


世界の神像 いっぱい見て
最後に 本館の「遮光器土偶」を拝んで 終わった。


紅葉の季節だと ここはめちゃくちゃ気持ち良いのです。


トーハクは 私にとっての ディズニーランドやーーーー。