AT EASE代表 長畑 佐代子のオフィシャルブログ

ツイッター  @sayoko11
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
泣き女
友人が亡くなりました。

ご家族は 家族葬をするから それ以外の方はご遠慮くださいとおっしゃる。
さらに 家にいらっしゃるのもご遠慮いただきたい、との意向。

こういう場合
遺されたものは 故人にどうやって今までの感謝の念とか 現世での別れという
けじめをつけたらいいのだろう。
切ない・・・

今まで 葬儀というものは
亡くなった本人のため というよりも 遺された家族や友人のためのもの
という意識を持っていた。
故人が もうこの世の肉体界にはいない、という自覚を持つためのけじめだと。



連絡網を流していたら
風水を勉強している友人から指摘を受けた。

風水では 故人の魂を骨から剥がしてあげないとだめだという。
日本では火葬が一般的なので 荼毘に付す前に
骨から魂を剥がしてあげる必要がある。
そうでないと 骨が魂を記憶して 魂が自由でなくなる。
家族葬というひっそりとしたものだけだと 魂を剥がすことにはなりにくい。

「泣き女」というものは そのための儀式の一環でもあった。
だから
私たち友人も 彼女の魂のために
追悼をして 涙を流したり 彼女の思い出を語らなければ!

それを受けて
お別れをしたいと思う人たちが集まり
荼毘に付される前に 急きょ追悼のつどいをした。

彼女の空席を囲んで
みんなで 彼女を語り 涙を流すという集まり。


葬儀というのは
遺されたもののためだけではく
みんなが泣いたり 彼女を語ることで
亡くなった個人に 「あなたは死んだんだよ。」ということを自覚させる儀式でもあったのか・・・

長く患って亡くなったわけでなく
本当に急に逝ってしまったから
本人は きっと戸惑っているだろう。
なんとなく あやふやな感じで みんなに会いにきてくれているという感覚がある。
私 どうすればいいんだろう・・・という感じ。


彼女が大好きだった レストランで
彼女が愛した食べ物を食べ
店の常連の彼女のために お店の人が特別のカクテルも 彼女に作ってくれた
涙を流し 彼女の空席に向かって冗談を言い
みんなで「あなたがいてくれて ありがとう」と言い
彼女がどんなに大きな存在だったかを みんなで確認した。


そんなふうに
私たちだけでなく そのほかの 彼女を愛する友人が
彼女と ちゃんとお別れと感謝を伝えたいと 思うことで
ご家族が 告別式を開催してくださるという流れになった。
みんなが来れるように。と。

この流れに感謝。

彼女の肉体にも お別れを告げる機会を与えてもらった。

本当に 今まで こちらの世界で ありがとう。
これからは アストラルの世界で 一緒にいてね。




アフリカ ローズ




薔薇をいただきました。

この薔薇は おそらくアフリカ産。


アフリカの薔薇は 茎が太くて 通常 この暑くなってきた季節に 薔薇をもたせるのは大変ですが
アフリカ産は 1週間以上余裕でもつという。

通常で1週間半から2週間!


大輪で 長持ちなんですね。

なにしろこの太い生命力溢れる 茎!
これで がんがん水を吸い上げてくれるのだろう。

 

アフリカの強い生命力を象徴するような・・・


ケニアの雇用を促進するとも言われています。

こんな美しい花が 2週間も楽しめるなんて素敵!!

お花はどれも大好きですが 薔薇って思いっきり気持ちをあげてくれますよね。

 

この子たちが ずっと長い間 気持ちを上げ続けてくれるなんて うれしすぎる。

 

少し哀しい気持ちでいましたが

泉水さんの根付たちや この薔薇で元気になれました。

 

 

 

 

 

 

 

 








 

泉水さんの 根付

友人の紹介で 陶作家 泉水さんの 作品を観に 日本橋三越に行ってまいりました。
本日初日

すでにいくつもの売約済みが。

これ!


↑こちらの画像が鮮明ですが

私が撮ってきたもの。↓
江戸双六にちなんだ 根付と 杯たち。



一番手前に ぼんやり写っているのは 「目黒」が題材の さんまを捧げ持つパンダ
何故にパンダ?  目が黒いから。笑

 

こちらの画像はご本人のツイッターから。

 



これは 差し呑み杯↓

一人で呑むのはさみしかろう。
動物さんが 一緒に呑んでくれる 一人呑みには嬉しい杯。
杯の中で すでにできあがった感のおさるさん。




たとえば
住吉は 今珈琲激戦区だと言う。
なので たこさんがコーヒーひきをしているところ。
見えにくいかな (^_^;) ごめんなさい。




でもって こちらは 「深川」で あさりを割るらっこさん。



かわゆし。

しかも そのひねりのセンスも大変良し。

泉水さんの根付には すごい固定ファンがいらっしゃるそうで。


どれも 手に取って見ることが 可能なの!
その繊細な出来栄えに感動します。

ご本人がいらっしゃったら 是非 一つ一つの説明を聞いてみて。
とっても 楽しいです。
全部ご紹介できなくて残念。



23日まで
日本橋三越本店 6階 美術工芸サロン


この方の センス 好きだわあああ。

 

TSUNE ランチョンマット
TSUNEさんの 食器類は どれもファンタスティックで好き。

伊勢丹に行ったら 出会いがあり
購入してしまった ランチョンマット。

こんなに色々な!
どれも 本物の葉っぱをラミネート加工しているので 色の出具合も様々で。






ほれぼれしちゃいますよね。この色。
自宅に連れて帰ってきたのは この子たち。






セラミックラバーのその後
ラバーを使用しているお客様からの報告を。

春になって健康診断をした結果が 判明し
次々と報告が入っていますので
紹介します。



肝機能数値が正常値になった
毎年できていた大腸ポリープができなかった
腰痛が消える
坐骨神経痛がなくなった
トイレの近いのが解消する
便通が良くなる
体温が上がる
頭痛が軽減する
体重が減少する
足のひどい冷えが解消する


他にも効果がありましたら ご報告いただきたいと思います。


具体的なことで
あれこれやってみた方から。
こうしたらよくなったという報告はこちら↓


坐骨神経痛の場合は
ラバーをへそ下だけでなく 痛む足の足首にもつけるようにする。

足が特に冷える場合は 両足首にもつけるようにする。

腰痛の場合は 痛む方の腰だけでなく反対側の足首にもはるようにする。

寝ている間に 頭の下にラバーを敷く。


ということでした。

「ある」ものが「無い」とき
いつもそこにあるものが 見当たらない。

そこに置いたはずなのに どこにもない。


こんなことが 続けざまに起きるときというのは
私の場合
自分の次元がずれているとき。


探している「もの」が まるで 次元pocketに入りこんでしまったみたいに
見当たらない。


そして 以外なところから 出てきたり。
「そこ 探したはずなのに」という ところから 再び出現したり。

身の回りの「もの」たちが 次々と姿を消して
いつもの場所から 消えた時は

たぶん
自分の次元がずれて 違うところにいってしまったせい。


ずれるときというのは
たいがい 自分にとって「楽しい」あるいは「期待した」世界にずれているとき。
と 私は解釈しています。


私は 来年 一つの大きな節目を迎えるつもりでいます。
これは けっこう 長い間かけてもくろんできたことで
それに向けて現在ものすごく楽しい準備を着々と進めているところなのですが
そんなときに
こういうふうに 身近な「もの」たち けっこう大事な「もの」たちが
かくれんぼしてくれると
「まったく、もう!」と イライラしたりはせずに
「かくれんぼしちゃってるのねー。どこにいるのかなー。いつ 出てきてくれるのかなー。」
って けっこう楽しい気持ちになります。

ものすごく切実なものが姿を消すこともあるのですが
きっとそれは 今必要ないということなのだろう、とか
それ以外の物を代用しなさいということなのだろう、とか
それの代替え品を入手するために 何かしら動いたほうがいいのだろうな、とか
そのように 身勝手に解釈します。
代替え品を入手するために奔走したりすると その過程で思わぬ複産物をもらったりするからです。
そしてその副産物は 実はとても希求していたものだったり。ってね。

今日は朝から いろんなものが姿を消している。
来年のあることを実現するために
自分自身を次元移動させているんだな。
と ひどく楽観的に構えているところ。

一つだけでなく いくつかのものたちが姿を消すと 楽しくって うれしくってしかたがありません。

「望む方向に 未来を創っているんだな!」

と 自覚できるから。


自らの次元操作能力が高いと
家族の物まで 消失させることもある。
家族の物が無くなる時も 私はすごく楽しくなっちゃうわけです。

おお!
大規模にずれてる〜。
なんて。


毎日 楽しくってしかたないのですが
そんなわけで ここ数日 ますます楽しくってしかたない。

現代の「こけし」

恩田陸に はまっています。



直木賞をとったり 本屋大賞をとったり 活躍がすごいですが

そのちょっと前から 恩田陸にはまりまして 

次々 読んでいます。



彼女の世界観が大好きです。

ファンタジーも 歴史を絡めたSFも 大好きなのですが



その中に 面白い指摘があったので 抜粋します。



EPITAPH東京 の中の 「遠刈田系」より



遠刈田系とは こけしの顔についての 系列の一つのことだそうで。





「こけし」についての言及







こけしは「子消し」なんだよ。



〜〜



こけしは本来「小芥子」という字を当てる。

「芥子」というのが、女の子が初めて髪を結いはじめた時の髪形を指すので

その名前自体が女児を表す。

こけしというのは 小さな女の子を表現した人形なのだ。



そして女児というのは、貧しく食い扶持が少なかった時代

切実に必要とされていた労働力にならないため 間引く対象になった子どもでもあった。



こけしは 間引かれた子供の代わりであり、鎮魂の人形でもあったのだ。

それにしても 首をひねると音が鳴る、とは。

その行為に別の意味があることを考えると、複雑な気分にならざるを得ない。



〜〜



今も間引きは続いている。

産んでから間引くか産む前に間引くかだけの違いだ。

産まないということも、最も効果的な間引きかもしれない。



さまざまな手段で間引かれた子供たちの代わりに

巷には ペットやキャラクター商品が溢れる。

映画の中から、いつまでも成長しない永遠の子供たちが、我々のための鎮魂のアイドルが

人形のような完璧な笑顔で我々を見つめる。










恩田陸の鋭い視点を感じさせてくれるものだなあと

ちょっとばかり 紹介させてもらいました。





 


運命の人
「運命の人」というのは
自分を劇的に変化させてくれる人。と私は個人的にとらえています。


その人と出会うことで 今まで味わったことのなかった 安心感とか幸福感を感じることが出来た!
というのであれば それはよかったね。ですが

その人と出会うことで ものすごくつらかったり苦しかったり
今までに経験したことのないような 挫折感とか絶望感とか そういうネガティブな感情を感じることというのも
ある意味では よかったね。ということだと思うのです。

なぜなら
人間が成長するときというのは
成功体験もさることながら 大きな挫折感とか絶望感によって
自分の知らない側面に光を当てることが出来ると思うし
これじゃいけない!って
自分を鼓舞したり 自分の内省をして 自分を変えようとしたり
もんどりうって 努力するものではないでしょうか。

ですので

そういう自分の変化の きっかけになってくれる人というのは
あながち 自分にとっての「良い人」ではなく
自分にとっての「なんで 出会ったんだろう?」と思うような苦しい人だったりする。

私も出会いました。

ものすごく苦しい人に。


その人のお陰で 涙を流し 絶望し 死ぬことを考えたりしましたが
今の自分があるのは まさに その体験があったからこそ。


苦しい出会いが 何回も続き
毎回同じような感情に落ち込む。という体験を続けている人がいるとしたら
それは たぶん
「運命の人」だという自覚がないから。
この人によって 自分は苦しみながらも成長するのだろう、という 覚悟がないと
何回も 同じようなタイプの人に出会うことになるんじゃないかなあ。


今回の出会いは 失敗だった。
私にとっての「運命の人」は まだ出会えていない。
なんて
思い込んでいたとしたら
その 苦しい感情のループは 終わらないかもしれない。


苦しい「運命の人」に 出会えて 本当に良かった。
自分が変わったのも 成長したのも その人のお陰だわ。
と 思えたとしたら

そのループから 抜け出して
全く違う タイプの人に出会えるようになるのかも。


結局
なんでも どんなことでも
貪欲に そこから 何かしらを吸収して 自分の糧にしようという
意志の力があれば
運命は 楽しい方向に開けていく

「意味づけ」への「意志」


これが 明るい未来への 最大のエネルギーだと
思うわけであります。







GINZA SIX  観世能楽堂

松坂屋跡地に GINZA SIX がオープンしました。

その地下三階に 観世能楽堂が 新たにオープン。
そのこけら落としの 能に行ってまいりました。

松濤の能楽堂は 閑静な住宅地にあり 心和む空間でした。

その能楽堂が 今度は銀座のど真ん中に。
観光客は行きやすくなったのかな。

こちらの能楽堂は 目付柱の取り外しが可能だそうで
能楽だけでなく 舞台や演劇 ショーや学術会議にも使えるという。
多目的な空間になったそうです。

豪華な檜舞台で 能楽以外のものが観劇できるって ちょっと興味深いです。

お能も どんどん一般に普及して 伝統芸能がアゲアゲになるといいですね。


短時間にちょちょっと見学しただけなので 詳しいことはまだ分かりませんが


この GINZA SIX が出来たことでちょっとうれしいことは

蔦屋書店が入っており その中央のギャラリーのイベントスペースが面白そう。
現在は 杉本博司 名和康平 蜷川実花の展覧会。

京都の 中村藤吉が入っている。これすっごく嬉しい!抹茶ゼリー大好き。

アート作品が 館内のあちこちにある。
特に チームラボの「Libing Wall」楽しいんじゃない?

ビルの裏手にある ローソンが なにやら渋くてシック。
大変おされな コンビニになってる!

地下2階の スイーツ売り場が 広々としていてなにやら楽しい。

5階には 会員限定のサロンのようなラウンジがあるらしい。
オリジナルフードやドリンクの提供やら 体験型のカルチャープログラムとか
セレブ向けなんだろうか?

杉本博司プロデュースらしいから覗いてみたいけど・・・

屋上庭園も売りらしいのですが そこまでいくエレベーター混みすぎ。
ですので上がるのは断念した。

ファッション部門はまだゆっくり見る時間がありませんでしたが
一階で 夏の帽子を購入してしまった。


「普通のデパートや ファッションビルじゃないよ!!感」を出そうと努力しています。


どこまで 個性的に成長していくのか。期待していこう。




 

ぷち感動

恵比寿の WE ARE THE FARM

自分の畑でとれた無農薬の野菜料理を提供するお店。

ここでの ぷち感動




無農薬だからこその 野菜まるごとぶっこみの お水。


ハーブや レモンのお水は見たことがあるけれど
ここまで 野菜を入れ込んだお水は 初めてでした。


サラダも食べ放題で 美味しかったのはもちろんですが

こういう 意外なぷち感動の方が 私はとっても嬉しいです。


「わあ ハート


という 小さな驚きとか 喜びとか。




これは もう私の中では 一番大事な人生の要素といってもよい。

私のサロンも お客様がそういう感覚を 持っていただけたら!という思いでやってきましたので。

「エステなのに 身体が楽になってる〜」
「ピールしてないのに 顔が白くなってる〜」

というエステやマッサージにまつわるものだけでなく そのほかにもそんな小さな驚きをもっていただけたら。


部屋の装飾やアロマの香りや 飲み物もみんな含めて。


だから
こちらの お水みたいに 楽しいものに出会うと ほんと幸せです。きらきら