AT EASE代表 長畑 佐代子のオフィシャルブログ

ツイッター  @sayoko11
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
幸せが寄ってくる体
若いころの私は ある意味エネルギーに満ちていたと思う。

小さいころからの環境に 
「何故 私が?」という思いがずっとあったし

それならば 来るものすべて乗り越えていけばいいんでしょ!
やってやる!

みたいな 気負いがあったから。

負けるもんか。という 気合に満ちていたわけです。


なので
いつも体が あちこち固まっていました。
力が入っていたので 当然です。

いわゆる 懲り。

懲りは そこに電気が溜まったまま 流れない状態。
たくさんエネルギーを吸収しても うまく 放電できないと
体のあちこちに溜まっていきます。
帯電状態ということですね。

気合に満ちていた私の体は 固まっていた。


気負えば気負うほど
これでもかと 運命の波は押し寄せて
ますます 負けるもんか!と 精神は強くなる。
その繰り返し。

精神的には 恐ろしいほど 強くなりましたが
体はどうよ?



そのうち
仕事柄 身体を弛緩させる方法を学び
体を緊張されるのは まさに 精神からくるということに気が付き
考え方を 意識して変えて

さらに
私生活の どん底を何度か経験したことから
自分の 様々な「囚われ」を 地獄から生還して外せたことで

現在
大変 ゆるく 弛緩した状態を保てるようになりました。


そうすると 何が起きるか。

不安や恐怖が無くなる。
死ぬことを考えることで ますます 日々の覚悟が出来て それすらも怖くなくなる。

いつでも 心が解放されているので
人と話をしても 疲れなくなる。

常に 素直な自分の気持ちに寄り添っているので
迷いがなくなる。
言い方を変えると 何をしたらいいのかが 瞬時に分かる。
結果を恐れなくなる。
それは 自分をより信じるようになれるから。

こんなふうに あらゆる面で楽になってくると
仕事が どんどんうまく回るようになる。
新たな人間関係が どんどん広がる。
私に好意を持ってくれる人が増える。

すごく しあわせを感じる。


体に 懲りがなくなり
滞ることなく 体に電気が流れるようになると
幸せは 寄ってくるのではないかな。


思いつめると 懲りが出来る。
自分とは何か 自分はこうあるべきだ
という 思い込みは体を固くするだけ。


まずは 整体で 体を緩ませることができるので
体が緩んだら 精神がどう変化するのか
体験してみたらいいと思う。




オラファー・エリクソン
やっとやっと 美術館に行くことができました。

この数か月 美術館に行けないということがどんなに苦しかったか。


現代美術館


「オラファー・エリクソン」
ミストのシャワーは 確かに美しかった。

巨大オフジェも楽しいのですが
私はどうしても 雑多なもの
作品の制作過程で出てくるさまざまな素材
そして 制作後の素材を使って これをどのように利用するのかということに
強い興味を持ちます。



これは羊毛の素材なのですが
羊の写真が 私の大好きな村上春樹「羊をめぐる冒険」を彷彿とさせて
すごくうれしかったので。



「MOTコレクション展」の中では

岡本信治郎
ころがるさくら (東京大空襲)の この作品

戦争の絵画はおおむね暗いのに この爆発力と明るい色彩は!




草間彌生の 戦争の絵が すごいインパクトだった。
水玉じゃないけど さすが・・・ってかんじ。


「もつれるものたち」 の展示では
福島の原発事故で 文化財を救出した際
それらの 放射線量が記載された紙をつけた 文化財の 残骸(?)
それら残骸が 死体のように見えて
ぞっとした。


この美術館の楽しみは
地下にある 「100本のスプーン」というレストラン
私にはちょっとヘビーなお料理ですが
美術館のレストランとしては かなりいけてます。

写真がみんな横向いてしまって すみません。

m(__)m


あああーーー

久しぶりに楽しかった!!



地名を変えちゃだめなわけ
こんな面白いものを拾いました。



地名の最期の一文字から地図をつくると 地形がみえてきた


東京の町の名前の最後の一文字だけで地図をつくる、ということをやってみた。
すると一文字だけなのに地形やその土地の素性があらわれておもしろいのだ。
北海道や京都など、他の場所でも同じような地図を作ってみた。




地名は その土地の地形や 歴史を表す。
しかし その地形や歴史の痕跡を消したい場合 違う漢字をあてはめて
新しい地名に変えてしまうことがたくさんある。

不動産屋的にも。


その土地の 地名の由来を調べると 面白いものが出てくるかもしれません。