AT EASE代表 長畑 佐代子のオフィシャルブログ

ツイッター  @sayoko11
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ヨガで瞑想するには
ヨガは瞑想でもあります。

ポーズを作ることを重視するのではなく
一番大切なのは 呼吸。

呼吸に意識を向けて それぞれのポーズで いろいろな筋肉が動くことを感じること。


それ以外は 全部頭から払い去って
自分の呼吸と 今使っている 筋肉の感覚 血液の流れに
意識を向けることで

脳がリセットされるんですね。



だからこそ
ヨガの後は 筋肉の爽快さもさることながら
頭もすっきりするというわけ。


ヨガ教室の先生は どの人も 呼吸が大事だということを力説されると思いますが
「吐いて」「吸う」という 呼吸のタイミングをしっかり 教えてくれないところは
ヨガの本質ではないので
あまり通っても意味がないしょう。

呼吸がしっかりできているからこそ
さらに
呼吸に意識を向けて それ以外の煩悩を払っていると
どんなに 難しいポーズもできる。


取り組みやすい 瞑想だと思います。


筋肉もできるし ストレッチもできる
血流も良くなるし
頭もすっきりする

やめられません。





体調不良からできた シミ
日焼けから シミは出来ます。

若い頃の日焼けからも 30代以降 シミは どんどん浮き出てきます。


日焼けだけではなく 体調不良や寝不足 疲労が重なったりしても
シミが 出てきます。


体調不良から 出てきたシミは
首筋 顎回り 頬の筋肉を ほぐすだけて 薄くなります。


要するに血行不良から シミができていたわけで
血行を良くしてあげれば 改善されるわけです。

シミができたからと言って
すぐに 強いピーリングや メディカル美容での対処をしなくても
根気よく 血行を流すことを続けていると
消えていく場合もあります。


そもそも
顔の一部分に 大きめのシミがある場合は
その個所が 硬い。
血行が悪いということ。それを「シミ」は訴えています。

顔は 内臓の反射区でもあるので
そこに呼応する 内臓にも問題があるということです。


だから

顔は 体の象徴

すべてが顔に 現れます。





化粧水としての価値とは
久々に 美容の話をします。


まっとうな会社であれば 厚労省の認可をとらないと化粧品は販売できません。

ネットのみとか
卸をしないで 販売している 化粧品はその範疇ではありません。
ですので
無添加を名乗っている化粧品もあるようですが
それは 厚労省や薬事法にのっとっていないということで
かえって危ない商品だと思います。

内容成分が表示されていないとか
あるいは
本当に防腐剤を使用していないとすると 細菌が繁殖していても 分からないからです。

厚労省の認可をとるためには
薬事法にのっとり 必ず 防腐剤を入れないといけない。

なぜなら
絶対に腐るから。

手作りの化粧水も 数日で腐るので 使用するたびに作らなければならない。


防腐剤を入れたくなければ 一回ずつの使い切りにするしかありません。


私の会社の イーズ・ジェルは
防腐剤の類を一切添加していない化粧水ですが
それは 原料の水が抗菌力が高く 腐敗しない水なので 実現できたのです。

厚労省からの検証が何度もあり
なぜなら 防腐剤を入れないで 細菌が繁殖しないということを役所が信じてくれなかったから。

しかし何度検証しても 細菌は発生しない。

そこで 認可が降りました。

驚くべきことだったようです。



パラペン あるいは語尾にパラベンという名称がついているものは
低刺激であっても防腐剤です。
防腐剤は それ自体が シミや皺を引き起こすものだということは
実証されています。


洗顔後 初めて肌につける化粧水
しかも 肌奥に水分を浸透させるために たくさんの量を使うもの。

だからこそ
その化粧水には 防腐剤は使いたくない。



指の滑りが良いとか
肌なじみが良いとか
香りが良いとか
素人が 使ってみて 「いいかんじ」というものは
すべて薬品を使うことで 実現できる効果です。

反対に言えば 「いいかんじ」の化粧品は 薬品次第でどうにでも作れる。


私のイーズ・ジェルは
防腐剤どころか
においも消していないし 香りもつけていない
色もつけていない
まことに 武骨な化粧水です。

2004年に 販売開始して今まで
一度だけ 雑誌に 広告を試しにうったことがありましたが
それ以外に 宣伝も広告も うったことがありません。
すべて 口コミと紹介だけで展開させていただいています。

ご購入者の 住所を見てみると
沖縄以外 
すべての地区 北海道 東北 関東 中部 関西 中国 四国 九州
で ご購入いただいています。

これには 実は 私もびっくり!
本人が一番驚いているという・・・・
いつのまに こんなに広がったのだろう?


なんと ありがたいことでしょうか。


アレルギーを介して 紹介していただいた方
サロンにいらしたことで 紹介していただいた方
卸元から 紹介された方

全国に広がってきました。

こんな ださくて 武骨な 化粧水が
ここまで みなさまに愛されているなんて。
本当に感動です。


イーズ・ジェルは
使ったとたんに 「いい!」と思うような要素は たぶん 無い。
だけど リピーターになってくださるのは
この化粧水が切れて 違うものを代用した時に 一番よくわかるらしく
「これでないと だめ」と
言って下さる方が 愛用してくださっています。


だんだんと 肌が 良くなっているけれど
毎日の変化だから なかなか実感しにくい。
どんどん 綺麗になるけれど それが化粧水の効果だと実感しにくい。

1か月以上 使用してみて
他の 化粧水に替えると 肌がとたんに乾燥したりシミができたりするので
どんなに効果があるか、が やっとわかる。


私の会社のような 今どきの 経営の在り方にマッチしない
あまのじゃくな 化粧品を 使ってくださる皆さま
本当に ありがとうございます。


心から感謝します。








ファスティングの注意
ファスティングがブームでもあります。

要するに断食。

断食道場や 断食プログラムで 宿泊しながら断食するのは
専門家がついていますから安心ですが

自宅で 自己流に断食する場合

おそらく 酵素ドリンクとか 野菜のスムージーなどを摂りながら
断食するのでありましょうが

気を付けなければいけないのは

体調が良いときに行う。

ということ。



ファスティングしたい!というときは
たいがい 体の調子が悪いとか
急速に体重を落としたい!と思う時なのでしょうが

体の調子が良くないとはいえ
ものすごく 良くないときに 実行してはいけない。


ファスティングは 自己免疫を活性化する 一番の方法だとは思いますが
体力がないときや 体調不良の時は
好転反応が ものすごくひどいことになるからです。


好転反応とは
断食二日目あたりに 出てくる 様々な症状ですが
頭痛 めまい 吐き気 だるさ 眠さなど いろいろ。

これは
体が変化しているという兆しなので おそらく避けては通れないことですが

それにしても

体調不良の時は これらの症状が ひどい。



私は長年にわたって 朝は 豆乳のヨーグルトだけです。
午前中は 排泄の時間と 割り切って
それ以上のものは食しません。

豆乳のヨーグルトは 自家製で カスピ海ヨーグルトの種で作っています。


半日の プチ断食を毎日行っているというわけ。


このおかげだと思いますが
50代に突入すると 代謝が落ちて 普通に食べていても
少しずつ 体重が増えがちですが
体重は ずっとキープしています。

おなかがすいて ぐるぐる鳴る。ということも
とても 体には良いことですし。

お肌の調子も 半日断食のおかげだと思っています。



自己流断食のあと
もとに戻す食事も 気を付けなければ意味がなくなります。


添加物 味の濃いもの 大量の動物性食品 甘いもの

これらを ひかえなければ 体調は一気に悪化してしまうので
注意が必要ですね。

断食して 吸収力が増しているときに
これらの食品を摂れば すごい勢いで吸収してしまい
断食の効果が なくなってしまいますので。





サプリを勧めないわけ
今まで お客様に 積極的に 健康サプリを勧めたことはありません。

質問された場合は

「ご自分で 良いと思われる結果を出しているのなら 摂ってもいいのではないですか」

とお答えしているし

具体的に これはどうですか。と聞かれた場合は
「原料の由来がはっきり明記されたものなら よいけれど
由来のはっきりしないものは 安全ではないかもしれません」

と お答えします。



健康食品の類は 規制が甘く 原料の由来の明記も はっきりしていないものがほとんどです。

大手会社なら安心かといえば
エビ カニ由来のものや
ゴマ由来のものは

毎日長年にわたって 摂取するのはどうだろうというのが
私の意見です。

なぜなら それらのものは 口から食べる以上に毎日摂取することになるし
エビ カニ ゴマは いずれも アレルゲンになりやすい食べ物だから。

長年摂取することで エビカニアレルギーになる場合があるということ。

事実
グルコサミンを摂っている間に エビ カニ アレルギーを引き起こし
それらの食品を食べられなくなったという方がいます。

自分が 隠れアレルギーであることを自覚するのは難しいです。

ある石鹸が ひどいアレルギーを引き起こして 大問題になったことがありますが
その石鹸には 小麦由来の成分が入っており
それが 洗顔の際 目の粘膜から入って ひどいアレルギーを引き起こしたという事例があります。
よもや自分に小麦アレルギーがあるなんて知らなかったというよりも
粘膜という敏感なところから 毎日吸収したことで 小麦のアレルギーを引き起こしてしまったということですね。




美容プラセンタにおいても 同じです。
そのプラセンタが 何由来なのか。
豚ですか 牛ですか 馬ですか?
その家畜はどこの国のものですか。

中国からの家畜であるなら 安全性は疑問です。
病死した家畜であるかもしれないからです。


製造会社が その由来を知らないことは多々ある。
美容成分を提供する会社が どういうものを流通しているか 調べなければわからないから。


現在は 自家製化粧品を作る人が増えていますが
化粧品成分を売っている場合
買う人は その「スクワラン」が何由来なのかなんてまったく気にしないのと同じです。


漢方も 私は個人的に勧めていません。
漢方医が処方して 漢方医が自ら作ってくれるお薬ならまだしも
薬品会社が提供する 漢方成分入りの 薬は 「?」だと思っているから
中国由来の 漢方成分だとしたら その薬草の汚染度がわからない。
汚染だけでなく 本当に漢方なのかどうかも 疑問です。

大きい会社だから信頼しますか?

そんな大きい会社が どれだけ 信頼のないことをしてきたのか
ニュースでもさんざん。 公表されてきています。
あらゆる分野で。
大会社の 想像を絶する無責任ぷり。もうお判りでしょう?


数年前 高額でちまたに流通していた 中国の漢方薬が
胎児を粉末にしていたものだった
ということが マスコミに 公表されたことがありました。

信じられない。と思った人がほとんどだったと思いますが
胎児由来の ものは 医療や美容で けっこう流通しているのです。

自分が知らないうちに 人身売買にもかかわってしまっていたなんてことになるかもしれない。


なかなか 大きく公表されない
世界の闇の部分です。
でも 悲しいかな 事実。




ですので

サプリは 由来がしっかりわかるもの
アレルゲンになりやすい食品を含まないもの

それなら 安心です。

なかなかないけどね。


実は
私は最近 健康食品を摂るようになりました。
なぜなら
それに対する 詳しい説明を受けることができたので 信頼できたということ。

使われている野菜や果物の 産地が明記されているということ
しかもすべてが国産。こんなの珍しいです。
さらに
生産工程が 信頼できること

2時間ほど その会社の説明を受け 納得することができたので
今のところ 続けています。

結果がどうかは 私を見てもらうということで。



しっかり説明を受けないと納得できない性分は
仕事にも 有益だと信じます。

扱う化粧品も もちろん そういうことです。

オリジナル商品同様
説明が しっかりなされないものは 扱わない。

サロンで扱う化粧品は すべて 当たり前ですが アレルギーを持ち、
ものすごくデリケートな肌である私が使っても
何も反応を起こさないことが前提になっています。

だから どんな人にも勧めることができる。


アレルギーを持って 美容の仕事をしていると
こういうところが 有利ですね。

というか
それを生かさないと 意味がないということですが。









片寄った 顏のシミ
目の下から両方の頬の脇に 出来る 両側のシミ

このシミは かなり濃い方もいらっしゃるようですが
両側に同じように出来ている シミは

婦人科系から来ているシミ。

女性ホルモンですね。

子宮関係や 更年期系
女性ホルモンによるもの。

顏の両側に同じような濃いシミがある場合は
血液検査をしてみてはいかがでしょうか。

子宮や卵巣に何か問題があるかもしれません。


頬骨の上のシミ
これは 日焼けによるものですね。
顏の高い部分が日焼けしてシミになっています。
しっかり 日焼け対策をしてください。

それから
顏の片方にだけ 気になるシミがある場合。

片側だけに 大きめのシミが気になったら
その部分の皮膚をよく観察しましょう。

両方の皮膚を触ってみると
シミのある個所が 固くなっているはずです。

なかなか 自分では分からないかもしれませんが
凝りが その部分にあり
皮膚が固まっている場合
血流が悪くなるから その部分の代謝も悪くなり
シミが出来ます。

エステの場合だと
揉捻法や 軽いタッピング 顏つまみ法などで
皮膚をほぐします。

ご自宅で出来るやり方は
指先で かるーーーーく つまんで その部分の皮膚をほぐしていく方法があります。

強くつまんではいけない。
そんなことをしたら 変な場所にシワが出来ます。

軽くつまんで 皮膚をほぐす感じです。

それを毎日根気よく やっていくと そのかたかった部分がほぐれていくので
それ以上シミが濃くなることはありません。

今あるシミは 新陳代謝で 消していきたい。


シミが出来る部分の反射区を調べて
内臓に呼応していることが分かれば
問題になっている内臓も どこだか分かります。

シミの部分の皮膚を マッサージすることで
凝りのある 反射区が示す内臓にも アプローチできると思うので
一挙両得かな。




秋からのお手入れ
この時期に いつも投稿している内容になりますが

秋 乾燥が増してきます。
今までと違い 顏が乾燥する感じ シワっぽくなっている感じ
肌がチクチクする感じ

40代以降は みなさん 感じる変化ですね。


「乾燥してるわ!」とあせって
つい 油分をたくさん足したくなります。


でも 待ってね。
肌奥が乾燥したまんま 表面に 油をいっぱい塗っても 肌の状態は良くならないんです。

コンな時期こそ
水分をしっかり浸透させないと。

化粧水を もっともっとしっかり入れてください。

何回も指摘してきたことですが
化粧水を 手のひらにとって それを顔にぴちゃぴちゃやってもだめですよ。

水分は 中には入っていかず 顏の表面を濡らすだけです。

それで 化粧水を入れた気分になってはいけない。

コットンを水で しめらせて そこにたっぷりの化粧水を 溢れるばかりに染み込ませて
その 豊かな化粧水の水で 顏をなでていく。
さらに そのコットンを しっかり 顏に乗せて パックする。 

これが毎朝大切な作業になります。

しっかり 水分を補給した上で オイルや クリームをのせていきます。

肌奥が乾燥したまま 上にいっぱい油をのせても
シミは増えていきます。
顏の表面が とりあえず てかてかしていれば 満足。
こんなでは どんどん シミが増えていくだけ。

シミを増やさないためには 水分をしっかり奥まで入れ込むことが必要です。

イーズジェルには もちろんコットンは必要ありませんよ。
使用されている方は よーくお分かりになると思いますが
このジェルは 直接肌にのせていくだけで どんどん浸透していくのが自覚できます。

この時期は 少し量を増やして もうワンプッシュ 足してください。


その上で 良質のオイル (美容オイル)で 膜を作ります。
このオイルは オリーブでも スクワランでも ホホバでも 
ご自分の肌に合ったものをお使いください。
ただし 重たいオイル オリーブや アボガドや そういうオイルは酸化も早いので
3か月以内に使い切れるような 小さなボトルのものをお買い求めください。

酸化したオイルを使ってはいけません。

ホホバやスクワランは 軽いし 抗酸化力が高いので 酸化しにくいオイルです。

重たいオイルを 使う場合は ホホバやスクワランで 割って 酸化しにくいものにしたら良いと思います。

何度も何度も警告しますが
食用のオリーブオイルを使っていけない。
食べられるオイルなんだから安心。と思っている方。

あんなに多量に容器に入っているものには 酸化防止剤は必ず入っています。
料理に使う分には 気にならない添加物かもしれませんが
直接肌に つけるもの。しかもオイルはすぐに肌奥に吸収されるもの。
それなのに 酸化防止剤が入っているものを使うのはお勧めできません。

あれを クレンジング代わりに使うという猛者もいるようですが
考えられません。

オイルはあっというまに吸収されます。クレンジングで汚れたオイルも
あっというま 落とすまもなく 肌に吸収されていきます。
クレンジングにはオイルではなく クリームタイプや 乳液タイプを
私が薦める理由です。

お顔には 高くても 良質のオイルを使ってあげて。




化粧水

みんな少なすぎ。



心して しっかり 入れ込んであげてください。
肌色が変わります。
しっかり水分が入った肌は 透明感が出て 白くなるのですから。


化粧水を使わない美容法もありますが
全く水分を入れないと 肌は あせって 脂を作りだします。
自衛本能です。
あら 自然に脂が出るならいいじゃないの。

ところが
脂を一生懸命出してくれるから 肌の表面はてかてかになります。

てかてかになっていると ファンデも乗りにくいですね。
崩れやすくなる。

でもって じゃあ ファンデーションも化粧もしなければいいじゃない。
と思うのならそれもよしですが

ファンデをつけないだけでなく 日焼け止めクリームを含むそのほかの化粧品を
使わないのは どうだろう?

てかてかの上に べたつく日焼け止めは つけたくないでしょう。

しかし!
肌奥に水分があるわけでないので
シミは増えます。
日焼け止めをしていなければ ますますシミは出来る。


それでもよいと思えば それもよし。


美しい顏
というのは 化粧で作り上げるものではないと思います。

肌に透明感があって 清潔感がある肌が
年を重ねて行っても 美しい。
と感じているので
できれば シミは少ない方がいいし(防御できるものなら)。

とにかく
乾燥を感じたら 水分を入れる事。


その上で しっかりオイルも入れる事。






何故顔をほぐす必要があるのか
フェイシャルマッサージはどうして 意味があるのでしょう。
もちろん顔を引き締めて上にあげるとか 血流を良くして顏の血色をよくするとか
化粧水の浸透をよくするとか
いろいろありますが

実は

顏も凝ります。

首や肩をがちがちに固めてしまっている人は 頬もかたくなってしまっています。

顔がかたまっていることを自覚している人は 意外に少ないのですね。

なんとなく頬が重たい
顔が引きつれる感じがする
うまく表情がつくれない
笑顔がうまくつくれない

こういう自覚ならあるでしょうか。


顔がかたいと
わざとらしい大げさな笑顔はつくれても
ほんのり微笑む ということは大変難しいかと。

ほんのり微笑む という行為は 顏がほぐれて柔らかくなっていないと
うまくいきません。

微笑みながら 口角が震えてしまったり
ほほが痙攣したり・・・・


微笑むということは とても大切なことだと思っています。

ほんのり微笑むことが出来る人は 自分の人生を実は
がんがん作っていける人。

どんどん切り開いていける人。

そのくらいのパワーがある。

ほんのり微笑むだけで。



ほんのり微笑むことが出来ると言うことは
顏が柔らかい証拠。
顔が柔らかいと言うことは 身体も心も柔らかい。

心が柔らかいと 世界が自分にとって柔軟に広がっていくと言うこと。



マッサージで 顏がほぐれて柔らかくなることを自覚された方。
微笑むことが楽になるでしょう?

微笑みが楽になると 思考も柔軟になって 自分の力に自信を持てませんか。

「わたし だいじょうぶだわ!!!」って。


口角を上げる笑顔をつくることは 幸せの第一歩。
口角を上げて 側頭筋を緩めると 身体もゆるまる。

さらにその先 顏の筋肉をほぐしてあげること

顏の筋肉を自力で弛緩させるのは ちょっと訓練がいります。
顔がかたまっている自覚がないと 自分の筋肉を弛緩させるという意味がたぶんわからない。

自律訓練法で 顏の筋肉を弛緩させる方法がありますが
これも 何度も 練習して顔に覚えさせる必要があります。
くりかえしくりかえし。


マッサージを受けると 簡単に顔の筋肉がほぐれるので
その感覚を 感じてみてください。

これが 柔らかい顔なのだと。


そして その時につくれる 微笑みを しっかり脳内にインプット。

そのような微笑みを自然につくることが出来る人は
自分の周りに幸せが引き寄せられる。


顔はやはり 自分自身の象徴。
その顔が いつも柔らかい表情を作れるか否か。
人生の分け目なのでは。








首こりと体重増加
特に大食いをしているわけでもないし
思い当たることがないのに 少しずつ体重が増えるのは 何故でしょう。


と 思われている方。

ちゃんと しっかり熟睡していますか?

睡眠時間が短いと 体重が増えます。
睡眠中は 身体を動かさないから カロリーを使っていないように思うけど
いやいや
睡眠のカロリー消費はけっこうなものらしく

しっかり眠るだけで カロリーを消費してくれます。

肩と違って
首の付け根のあたりが 凝り固まっていても自覚が無い場合があります。

首の根元の凝りは 頭がなんとなく重いとか くらいで
首の凝りが 無くなった時に 初めて 「あ、首が凝ってたんだ。」と認識できるくらい
分からない方が多い。

首が固まっていると 寝るときに 筋肉がしっかりと弛緩しないので
短時間睡眠しかできない。
すぐに 数時間で目が覚める。

そんな方は 首こりが原因かもしれません。
てか
ほとんど 首こりだと言ってもいいと思う訳です。


首がほぐれていると 熟睡できるので
夜中に目が覚めません。
朝まで ぐっすり。

しっかりと睡眠時間がとれないので
カロリー消費ができず
少しずつ 体重が増加していく。

身体が凝っていると 体重まで増加するなんて
かなしいかぎりです。

首こりは ほぐしてもほぐしても 身体が元に戻ろうとして
同じような首こりになりがちですが

身体を何度も根気よく ほぐすことで 弛緩した状態を体が認識して
ほぐれた状態をキープすることが出来るようになります。

血流が良くなると
体重も減っていく。
顏の血流も良くなるから 血色も良くなるし むくみがなくなっていく。

素晴らしい循環。

なかなか 痩せないと嘆いている人
しっかり 上手なマッサージや ゆっくりと温泉につかるなどして
首元を柔らかくする努力をしてみて。

するする体重が落ちていくかもしれません。

筋肉低下が がに股に!!!
筋肉を鍛えることは ものすごく大事。
いかに年齢を重ねても 人生の成熟度が増して それが美しさに繋がるのは
本人の努力があるからこそだと思っています。

お年を召した女性の中には
がに股が気になる方がけっこういらっしゃいます。

どんなに 素敵な洋服や高価なアクセサリーを身に着けていても
がに股だと 実年齢以上に老けて見える。


私は大丈夫。と 思っているかもしれませんが
年齢を重ねるにつれ 足の間がどんどん開いて行って
がに股度が高くなる危険は誰にでもあります。

要は 筋肉。

がに股の原因は 筋肉の減少。
下腿三頭筋のバランスが崩れたことによって
骨が外側に曲がり始めて がに股を育成していくのです。

下腿三頭筋は ヒラメ筋と 2本の脹脛筋からなっています。
脹脛筋(ふくらはぎのこと)は 外側の外側頭と 内側の内側頭がありますが
外側頭は 現状維持されやすいのですが
内側頭は 加齢によって徐々に筋委縮していきます。

内側頭が 細くなると内側にひく力が弱くなり
外側頭は 現状維持できるとなると 外側に引っ張る力の方が強くなりますね。

すると 下腿の骨はだんだんと外側に曲がり始めて がに股になっていくわけです。


こわいですね〜。

骨が変形していくのです。


内側の筋肉を鍛えるためには 歩くことや 筋トレによって
足全体の筋肉をバランスよくつけていくことが大事、ということ。

筋肉を使うことで 筋委縮を防ぐのです。

筋トレは だから 必要。

美しく老化するためにも 身体をなまけさせない。