AT EASE代表 長畑 佐代子のオフィシャルブログ

ツイッター  @sayoko11
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
セラミックラバーのその後
ラバーを使用しているお客様からの報告を。

春になって健康診断をした結果が 判明し
次々と報告が入っていますので
紹介します。



肝機能数値が正常値になった
毎年できていた大腸ポリープができなかった
腰痛が消える
坐骨神経痛がなくなった
トイレの近いのが解消する
便通が良くなる
体温が上がる
頭痛が軽減する
体重が減少する
足のひどい冷えが解消する


他にも効果がありましたら ご報告いただきたいと思います。


具体的なことで
あれこれやってみた方から。
こうしたらよくなったという報告はこちら↓


坐骨神経痛の場合は
ラバーをへそ下だけでなく 痛む足の足首にもつけるようにする。

足が特に冷える場合は 両足首にもつけるようにする。

腰痛の場合は 痛む方の腰だけでなく反対側の足首にもはるようにする。

寝ている間に 頭の下にラバーを敷く。


ということでした。

ラバーによる好転反応
直接私から説明を受けた方のみの販売ですので
HPには掲載しておりませんが

サロンや私を通して セラミックラバーをご購入の皆さま

続々好転反応が出ているようです。


ラバーを当てた個所のみならず
まったく離れた個所にも 反応は出てきます。

自分の弱かった内臓や筋肉など
血流が上がることで それらの弱い個所が変化していくわけですが

1枚以上を装着している方は 反応が早く出てきます。

当てた場所に かゆみ あるいは ひりひりした感じ 赤味
内臓の ツレ 重み 痛み 
頭痛 肩こり 吐き気 倦怠感 眠気
湿疹 吹き出物 
寒気 震え

などなど

いずれも ラバーを外せば その症状は消えますが
好転反応が起きるということは 確実に体が変化しているという過程なので
喜ばしいことです。

自分の感覚を大事にして
外したいと思えば しばらく外す
もう少し 頑張ろうと思えば そのまま当てておく。


薬を多用してきた場合は
たまった毒が抜ける過程で 様々な反応が出ます。

脱ステロイドしている場合も
湿疹が浮き上がってきたり 
じくじくした肌から リンパ液が浸出するなど
見た目恐ろしい反応も出ますが
それを通り越せば 綺麗な肌が出てくるのと同じです。

今のところ自覚する好転反応を起こさずに
身体が温かいと実感できている方 体温が上昇したと実感できる方
胃腸の状態が良くなってきたと実感できる方
リンパのしこりが消えたという方
そのような方も
これから先 好転反応が出てくる可能性があります。

自分の免疫力が上がる過程ですね。


自分の力で健康を手に入れるということは
不具合な状態を自らの力で克服するということでもありますので
「どうなるのかなーー」と 楽しむ心の余裕があればいいですね。

不具合が生じたからと言って それを薬で押さえてしまっては
本末転倒ですので
それなら ラバーを外してください。



こどもたち3人と私自身 30年以上の好転反応のエキスパートでもあります。

不安を感じる方は
HPから いつでもお問い合わせください。


サロンのお知らせ

今週 29日 金曜日 

サロン営業いたします。

お知らせ
4日より 17日まで お休みいたします。

サロンだけでなく、化粧品の注文もお休みさせていただきます。
申し訳ありません。

人生後半 それなりに走り続けてきて
初めての長期休暇です。

芸術に身も心もたっぷり浸って
エネルギー充電してまいります。