AT EASE代表 長畑 佐代子のオフィシャルブログ

ツイッター  @sayoko11
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
酸性の体はこわい
人間の体は電気体です。

体に取り込まれた電気が うまく放出できないとそれが体内に蓄積していき
筋肉の凝りになっていきます。

上手なマッサージは 体内にたまった 電気を放出する効果があるわけですね。


電気を吸収しやすい体質の人がおり
そのような人が うまく放出できないと 帯電してしまうわけで


体内の電気は 手足を振ったり 体をぶんぶん動かしたりして
放出することもできます。




さらに こわいことがあります。

身体が超酸性に傾いていくと
なんと! 自分の体内で電気を生み出してしまうという。

なんということでしょう。。。。


電気産出人間。

体のあちこちに 凝りができ
血流 リンパ液の流れが悪くなる。

健康とは程遠いことになってしまうのです。



超酸性になる原因は もう みなさん常識的にご存じだと思いますが
動物性たんぱく質を 摂りすぎるとか
白砂糖を 摂りすぎるとか
添加物いっぱいのスナックや 揚げ物(揚げてしばらくたつと油が酸化します)
とかとか、ですね。


これらを摂ると 血液がどろどろになる、と言われますが
それだけでなく 体で電気を生み出しちゃうという。

電気人間。

帯電しているだけでなく 電気を産出し続ける人。

静電気ばちばちの人。気を付けましょうね。








花粉症に備えて
そろそろ 花粉症の兆しが出始めました。

今年の花粉は多いという・・・・

今回も面白い対策を紹介します。

花粉症には 野菜を洗わないこと (?)

野菜についている 超微細菌が 花粉症に有効だと聞きました。(誰に?)

その超微細菌は水で洗うと流れて落ちてしまうけど
熱湯でゆでるだけだと 野菜の内部に深く入り込んでいくという。
だからゆでても 生きている。

その超微細菌が体内に入ることで アレルギー症状を緩和してくれる。

洗わないって けっこう勇気がいりますが

ホウレンソウや小松菜など ゆでて使うものは 水で洗わなくてもゆでてしまうから
泥はある程度落ちるかもしれません。

生で食べるキャベツなども 内側なら洗わなくても平気かも。
白菜もいける。

具合が悪くなると 泥を食べる人の話も聞いたことがあります。
泥 つまり土ですね。実はミネラルたっぷりらしいのですが いろんな虫や菌もいるだろう。

ある文化人類学者が アマゾンなどに調査に行くとき
旅行前に サナダムシを飲んでいくという話を聞いたことがあります。
あの サナダムシです。

サナダムシが体内にいると たいがいの 体に不都合を起こす食べものを食べても
中毒にならないという。

さらに 回虫。
あれが 体内にいるとアレルギー症状は出ないと言う。
昔は 野菜に農薬を今ほど使用しなかったから いろんな虫がついていました。
その虫は 虫下しなどで 良くないものと体外に出す努力をしていましたが
実は そういう虫が アレルギーには有効だった。

戦前より アレリギーっ子が増加していったのは
回虫がいなくなったからだと 指摘する学者もいます。

これと似たようなものなのでしょうか。

このアドバイスを聞いてから
我が家では なるべく 野菜を洗わないようにしています。

農薬はどうするんだと聞かれると答えられませんけれど。

昔 農薬が多量に使用される以前は
野菜は今ほど 洗われなかっただろう。
だから 日本人は 小さいけど体力も気力もあったのかなあ。

これも 信じるか 信じないかは あなた次第の情報であります。





身体についての見解ですが 信じないでください
面白い見解を書いてみます。
その見解の出所を明かすわけにいかないので とりあえず 信じないでください。


人間は 貧血気味の方が良い。
なぜなら 動物は おおむね貧血。
具合が悪いときは 血を抜くと快方に向かう。(これけっこう民間療法にもありますね)
私の場合は 若いころから ずっと貧血です。

糖尿で 糖が出るのは 身体に必要ないものが出ているから。
そんなに不安に思うこともない。

甲状腺が腫れるのは 甲状腺が働いて 異常な物質と対峙しているから
腫れる事自体を悪としない。
あ これ。サロンでも例があります。
甲状腺が一時的に腫れている方も ある時期が過ぎると収まることがあるようです。
甲状腺が腫れているときには サロンでアドバイスして腫れによる不具合に対処してもらいます。


パーキンソン病は松果体の不具合から来るものだが シャンプーや毛染め剤の影響もあるかもしれない。
私は界面活性剤入りのシャンプーをやめ、毛染めはヘナに変更しました。



とかね。

リンパが大暴れーっ!
私は 静脈血の力が弱いらしいのです。

静脈の力が弱いと 心臓に戻す力が弱いということだから
足がむくみやすい。

若いころから 疲れたり 立ち仕事が続くと すぐに足がむくんでしまっていた。

静脈の力が弱いと
身体は なんとかそれを補強しようとして リンパ管を強くして
リンパ液の勢いをつけることで 隣に流れる血管の流れを促進しようとするらしい。

リンパは そのように頑張ってくれているのだけど
そのおかげで
リンパが 頑張りすぎると 鼻水や耳から汁が出てきたり
頭に髄液が溢れて 圧迫されるような頭痛になったりする。

その上
足のむくみは ないものの 足のツレというか 腫れというか
むくみとは違う 違和感を感じることもあり

せっかくリンパが頑張ってくれているけど
その状態は かなり苦しい。

そのような状態の時に お腹の 乳びそう と呼ばれる
リンパの集まりの 場所に手を置くと
まるで お腹の中に 龍が潜んでいるように 暴れている。




昔から 自分のお腹で暴れるものの正体が分からず
私の中で エイリアンが お腹を突き破って出てくるのではないか
なんて 恐ろしく思えたりしていたくらい。

この部分が 固くなっていると 反対にリンパの流れが悪くなり
血流も悪くなるわけですが

固くなるどころか 飛び出さんばかりに大暴れしちゃうのね。


10代の頃
アレルギーがひどくて 病院で検査をした際に
おなかに暴れるこの正体はなんですか?とお医者さんに質問したところ
「血管じゃないですかね。」
と言われて なんでこんなに 血管が暴れるんだと不思議に思っていましたが
血管じゃないじゃん!
リンパ管じゃん!

解剖学を学んで 初めて
自分の体の真実が分かったわ。
私の乳びそうは 超弩級の働きをしていたわけだ。


仰向けに寝て お腹に手を当て 深いところを探ってみてください。
奥のほうに どっくんどっくんしている部分がありますね。
そこが 乳びそう と呼ばれるリンパの集まった部分です。


しかも その乳びそうが 大暴れしすぎると
今度は 頭痛だけでなく 胃が痙攣するような 「えづく」感じまで起きる。
おえっ!という吐き気。

どうして頭痛で吐き気がするのか 長い間謎でしたが
胃のすぐ下で こんなに暴れていたら そりゃあ 胃も驚くわ。

そういう時は 
お腹に手を当て
乳びそうを なだめます。
ゆっくり 圧をかけて 優しく押し込んでいくと
驚くことに 暴れていた龍がおとなしくなるのです。

とりあえず 暴れる龍がおさまると
胃のえづきがおさまります。
頭痛の問題は また 別の機会に。


リンパに 翻弄されている方がいたら
試してみてください。


リンパ液が 多く分泌するタイプは
耳から汁が出る 鼻水が出る(蓄膿のようにどろっとした液体ではなく透明な液が出る)
足がむくみやすい
頭痛がひんぱんにある
頭痛と吐き気が同時におこる




こんな人かな?

結論
自分の体の不具合は 自分で勉強して 身体のことを知らないと
本当のことは分からない。

でした。






甲状腺肥大
甲状腺肥大が増えてきているように感じます。
お客さまの中にも 以前はそうでなかったけれど 今年になって あるいは最近甲状腺が腫れてきている人。
実は私もそう。
娘はもっと以前から甲状腺に問題があります。

病院に行かないので 検査はしていません。
見るからに 喉元の甲状腺が腫れているようには見えません。

けれど 去年から懸念していた体の症状と突き合わせてみると やはり甲状腺のようです。

私に指南してくださっているドクターがいます。
西洋医学だけでなく東洋の知識や それ以上の経験をお持ちで 信頼に値する方だと思っています。

その方の意見を 信じるも信じないも 私たちの自由ですので 
こんなこともあるのかもしれないと受け止めていただければ。

甲状腺は 前方に突き出して大きくなるだけでなく
後方に肥大してしまうと 前からは分かりにくい。
けれど その場合は 首全体が腫れあがってパンパンに見える。
後方に肥大しているので 喉の呑み込みが悪いという症状が出る。

甲状腺機能が低下すると 橋本病とかね。

甲状腺が肥大すると 胸鎖乳突筋の間に「ツレ」が出来、周りの筋との癒着が起きたりする。
周囲の筋がツレルと それに繋がっている 目の筋肉や耳の筋肉にも影響が出る。

目の場合は 目が引きつれることで 斜視が起こったり 視力が低下する。
耳の場合は 聞こえにくくなったり こもる感じに聞こえたり
さらに そのほかの筋も引きつらせるから 肩こりも おこるだろうし 背中のツレや首のツレも感じるかもしれない。
目のツレがひどくなると 瞼が収縮してぎょろ目になったりします。

私の場合は 甲状腺の腫れ方はひいたり腫れたり。

お酒が過ぎると 腫れも大きくなりますね。って当たり前か。

アドレナリンが過剰に出たときと同じような症状
体温調節がうまくできず 汗が出る
喉が渇く
体重が減る 
目の痛み 視力が落ちる 耳の聞こえが悪い
頭痛 肩こり 首こり
動悸 めまい
こんな症状が出ます。

人によっては 
イライラ感が半端ない


扁桃腺が体に入る有害なものをシャットアウトするために腫れるように
甲状腺も有害物質を溜めてくれます。
だから 何か問題が起きれば 肥大していく。

有害物質が無事体の外に出れば 腫れは引く。ということらしいです。

病院に行って 血液検査を受けて甲状腺機能が異常だと判断されると 死ぬまで薬を飲まなければなりません。
免疫疾患だからです。

それはいやだから

出来ることをやる。
甲状腺が肥大したら 海藻は摂るな、と言われていますが(海藻接種でますます腫れるから)
肥大するのは悪いことではない。自己治癒力の表れだから。

今までお医者様の意見に反して どんどんやってきていますから
今回も自分流で生きる!と決めていまして

海藻類をどんどん 摂って 体外に排泄する。
あるいは玄米も良し。らしいけれど私は胃が弱いので玄米はパス。


さらに 胸鎖乳突筋と甲状腺の間のツレを ゆるめる。(指圧などで)

他にも 治療法があるようで ただ今自分自身で実験中。

これから 甲状腺異常は増えていくでしょう?どうしたって。

甲状腺肥大が悪化して 癌化しないように心がけることは出来る。
たとえ 癌化しても 私は大丈夫だと思っていますけれど。(能天気だから)

甲状腺に変化が出るのは ホルモンバランスが変化するときと同じなので
こどもが 自我意識が出てくるときとか 思春期とか
私くらいだと更年期で女性ホルモンが変化するとか
そんな時期に 甲状腺も腫れたりするそうですよ。

40代 50代 更年期障害に加えて 甲状腺とは!泣けますよね。
でも 負けない。

サロンでは 甲状腺にも対処できていけたらと 思います。


甲状腺の異常
西洋医学だけでない 幅広い知識を網羅しているドクターからの情報です。

もちろん 信じるも 信じないもあなたしだい。****************

甲状腺に問題のある子どもが増えている。
これは事実。

しかしこれは 福島の原発だけの影響ではないようです。
太陽風からの放射線。
これが また すごいことになってきている。
こちらは 原発どころではないとも言われています。
宇宙から降り注ぐ放射線がすごい。

そんなことで
東北だけでなく 日本だけでなく もしかしたら世界的に
甲状腺に異常をおぼえる人たちが これから増えてくるかもしれない。

視力低下

なんとなくものが見えずらい。
この原因が 甲状腺にあるかもしれない。

視力が低下する原因が 斜視から。ということがあるからです。

何故斜視が起こるか
甲状腺が肥大して 周りの筋肉を引きつらせることで
目の神経が引きつる。
目の神経が引きつることで 瞳が外側に引っ張られ 斜視になっていく。

甲状腺は前面に腫れる場合と
後ろに肥大していく場合もあるようで
後ろに肥大していくと 呑み込みが悪くなる 喉のつまり感がある 息苦しいなどの
症状が出てきます。

このように甲状腺機能が亢進した場合は
食事を気を付けましょう。

海藻類を 摂って 甲状腺に溜まった放射性物質を排出できると聞きました。

ちまたでは
甲状腺機能亢進の時に 海藻類を摂ると ますます悪化する
と説明するものもありますが
一時的に悪化したように見えますが その後 排出するという作用を
海藻はもっているようです。

長崎 広島でも
日本人の被害が 外国が想像するより少なかったのは 味噌だけでなく
海藻の影響が大きかった
と ドクターは話しています。

さらに 具体的対処として
胸鎖乳突筋と甲状腺の間に指を入れて ぐっと抑えて
間の筋を緩ませる。

筋が緩むことで 引きつらせていた眼筋も緩む。



これから 斜視による視力低下が増えると 予想されているらしいので
自分で対処できることを努力したいです。

海藻
 大事。

日本人は古来から海藻とともにあります。

海藻 素晴らしいですね。