AT EASE代表 長畑 佐代子のオフィシャルブログ

ツイッター  @sayoko11
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
台風チャーミーの行方
台風24号 チャーミーがどのように動いていくのか
こちらを見てみると
https://earth.nullschool.net/jp/#current/wind/isobaric/500hPa/orthographic=-225.97,27.12,369/loc=162.976,45.430


日本を縦断しそうな予感。

カテゴリー5 の スーパー台風だという。


まだ前回までの台風から回復していない地域がたくさんある中での
大型台風。

魔方陣など 私たちの意識で 進路を変更させたり
被害を最小にしたり
出来るのかもしれませんが
これからも激烈な気象は 終わらないでしょうから
火山噴火とか 地震とか。

それらの災害に備えて やはり その準備をなるべく 出来る限りの範囲でやっておく
ということが必須だと思います。

富士山が噴火した場合 東京も大変な影響を受けますから
ゴーグルとか マスクとか必要ですね。
水 食料以外にも 用意しておきたいものはあります。

もう 何があってもおかしくない。
「まさか 自分のところでこんなことが起きるなんて」
そういう文言が出てこないくらい 災害地の体験を自分のものとして学習したいです。

世界のあちこちで シンクホールが出来たり
大雨や大風で 爆撃を受けたあとのような有様になっていたり
誰かが言うように
隣の次元で 第三次世界大戦が起きている 影響がこちらに出ているのかもしれない。
そうだとしても
戦争の爆撃よりも まだ 気象の直撃の方がましです。

今までの台風に学んで
風や雨の被害が最小になるよう あらゆる準備をしておきたい。







小脳記憶法

5年ほど前 友人から小脳記憶法というのを教えてもらいました。

 

記憶と言うのは ほとんど大脳皮質という場所で行われるらしいのですが

小脳で記憶すると 忘れにくくなる上に その習慣をつけると記憶がうまいこといくようになる。

 

というものでした。

 

やり方は

何か覚えたい長文を音読していき

次に 記憶の段階で つっかえたら最初から元に戻って口に出して唱える

つっかえるたびに そこから先を覚えるのではなく

何度でも最初に戻って テープを上書きしていくように覚えていくという方法です。

 

 

要するに 頭の中のテープに刻んでいくということですね。

 

このようにして覚えると 刻まれているから暗唱するときは

考えずに すらすら口から出てくる。

 

こういうやり方って たぶん無意識にやっている人も多いと思うのです。

例えば キリスト教教育を受けていると 「主の祈り」というのは いくつになっても暗唱できるだろうし

仏教系の教育を受けていれば 「般若心経」がこれに当てはまるのではないでしょうか。

 

一たん 小脳に何かを刻むことに成功すると

次に 新しく覚えることも比較的楽になるらしいのです。

ものすごい記憶力を持っている人は きっとこういう記憶法を知らずにできいるのではないか?

とんでもない量の資料が頭に入っていて どこからでも引っ張りだせる人っていますものね。

 

噺家さんなんかは みんなこういう記憶法が出来るかも。

だから大量の 噺を頭の中に蓄積できるのかもしれません。

歌舞伎役者さんもそうかな。

 

私は 落語の「寿限無」という噺を覚えてみました。

口にすると だいたい4分くらいの噺です。

早口言葉なので 舌の練習にもなるし 口輪筋を鍛えるのにもいいかなと思って。

 

5年前に覚えて以来 毎日 一度は唱えています。

小脳が衰えないように。なんちゃって。

というよりも 口輪筋の運動にいいので 口周りをしわしわにしないためにも効果があるかも

と思って 続けているのです。

 

そうそう。確か 「寿限無」は 宝塚の寿美花代さんが 口周りを鍛えるために

晩年も毎日暗唱していると言ってたっけ。(昔の話か!)

 

小脳に刻んだテープは なかなか消えないようです。

そのやり方で どうしても覚えなきゃならないものを 覚えていくといいですよね。

 

さらに このテープのいいところは

身体の具合が良くない場合は 脳の血流も良くなくなるから

暗唱しようとすると 途中で止まって 出なくなる。

テープが途中でちぎれている感じ。その先が再生できないのです。

そういう場合は 文章のあたまから暗唱を繰り返して 出来るまでやる。

これは 「やばい 疲れているぞ」と身体に影響が来る前に自覚できるので

いち早く用心できます。

 

私の場合は。だけかもしれないけど・・・

調子が悪くなると 脳脊髄液が亢進して脳内がうっ血するので 小脳の働きに影響が出るのかもしれません。

 

 

テープを回している間(暗唱している間)は 他のことを考えることが出来るということも

面白いなと感じます。

頭の中を 二通りの使い方を同時にこなしているかんじ。

寿限無を暗唱しながら 今夜のおかず何しようとか あれこれ考えられるのです。

複雑に頭が回転している感覚が とても楽しい。

 

 

 

 

 

ヨガは心のリセット時間

私は四六時中 頭の中であれこれ連想してしまう たちです。

常に何かを考えて そこからさらに連想して 永遠に想像が続いていくかんじ。

 

何も考えないでぼーっとする時間 というのが難しいのです。

 

テレビを見ていても たいがい違うことを考えています。

読書はかろうじて 本に没頭していますが。

 

頭がつかれる・・・・・というわけですね。

 

 

毎日筋トレをしますが

筋トレ中も 違うことを考えています。

 

唯一 ヨガの時間だけは 連想をストップせざるえない。

何故なら

特に片足系のポーズは 考え事をしているとうまく固定できないからです。

 

ですので

ヨガ中は ヨガをやっている 「今」だけに気持ちを集中する。

マインドフルネス状態です。

一日の 唯一の時間かもしれません。

 

呼吸に集中しながら

自分の身体の現在のありよう だけに気持ちを向ける。

筋肉のツレ具合や 骨のきしみ具合 血液が流れる感じ

この個所を動かすと ここの筋肉が動いて さらにここに繋がるのね。

ということを確認できます。

仕事で整体をしていると 解剖学の知識が絶対的に必要ですが

それを自分の身体で確認する作業です。

 

そこに心を集中すると 本当に 終わった後 解放感があります!

身体の情報以外は 頭を 空っぽにしているからですね。

 

日頃 どんだけ妄想してるんだ。なんですけど・・・・

 

 

瞑想すればいいじゃないか

と思われるかもしれませんが

よほど困難な状況で 心が暴れているなら 必要に迫られてやるかもしれませんが

まずもって 日常的に瞑想はしない。です。

心をからっぽにする瞑想は アストラル体がとても無防備な状況だと思っているので

好きではありません。

 

むしろ 心の中に 湖を思いうかべて その湖面にさざ波が立つのを沈めていくという

想像の方が 気持ちが落ち着きますので

こどもたちにも そのように教えてきました。

 

 

ヨガ歴は まだ 11年ほど。

これだけは 筋トレ同様 死ぬまで続けようと思っています。

 

 

 

 

 

地震マップ赤くないところ
地震マップがありますね。

今後 地震が起きる確率の高い地域が赤く表示されています。

東海や関東は さんざん「来るぞ」と言われ続けているので
住民もある程度の覚悟を持って生活しているはずです。

実際 私が今の住居を決定したのも
震度7でも 建物の倒壊は免れる。
傾くことはあっても 今後住めなくなることがあっても
命はかろうじて失わないであろう。
という条件で 決定しましたし。

家や家財を失うことがあっても
命さえあれば! という思いです。

みなさまも
非常用の水や食料
家具の倒壊防止など
何かしら 対策はとっていると思われますが

今後
地震が来るのは
今までの 断層地帯もさることながら
断層が無い あるいは 発見されていないという地域も 用意したほうがいい。

何しろ
マヤ暦でも 全く新しいスパンに入った状況ですし
太陽もいつも通りではない 活動を見せている
磁場の逆転も起きつつある中で
今まで
数千年の歴史の中では 起こりえなかったことも 起きる可能性がある
ということではないでしょうか。

地震の確立の高い地域は
常日頃 地震はたぶん来るよなあ。一応いろいろ用意したり準備したりしていないとなあ。
という 意識を持っているので
ある程度 災害への覚悟というものが 出来ている。
事実
我が家も 水や食料はもちろん
噴火に備えて 防塵マスクやゴーグルも用意しています。
そういう 覚悟は 「意識のバリア」になるはずなので
覚悟を持っている住人が多い地域は 災害が起きても 以外に被害が多大なことにならないかもしれない。

みんなが 意識のバリアをはっているから。

今まで
大きな地震が 無かった地域は注意が必要です。

数千年前の断層は発見されない。

災害列島である日本は
火山帯のおかげで 豊富な水資源がありますが
それは どこでも地震が起きる 噴火が起きる可能性があるということですから
日本中で 意識のバリアをはりたい。

地震は起きる。
噴火も起きる。
それを 最小の被害におさえるために
私たちの意識が役に立つに違いない、と信じます。


備えこそが 意識のバリア。

地震怖い。という不安や恐怖ではなく
「地震が来ても なんとかしよう」という心構え

意識で次元操作したい。


トランプ バッシング

トランプ氏へのバッシングが止まりませんね。



難民の親子引き離しに関して 世界中がバッシングしているけど

それについては すでにアメリカの法律で決められていることで

オバマ氏のときも 同じように実行されていたにも関わらず

それについては なんの言及もされず

なぜ

トランプ氏ばかりが やり玉にあげられるのでしょう。


トランプ氏が 実際に実行している じんしんばいばいや じどうぎゃくたいに関しての

逮捕者や裁判に関しては 何も報道されません。



ということは

彼が戦っているのは 既存の勢力 既得権を持つ巨大な勢力であろうなー

ということは想像できます。



トランプ氏の品格に関しては 私はまったく分かりません。

とてつもなく頭の良い人で

相当なけた外れの常識の持ち主だということは分かりますが

彼の真の意図も 分からないし

彼の背後にいるかもしれない 勢力あるいは組織に関しても

分かりませんが




トランプ氏の爆発力が 確実に世界のシステムを崩壊させて

何か まったく新しいシステムに移行させる きっかけになるかもしれないということだけは

なんとなく 感じます。




エルサレムに大使館を移転するとか

世界に向けて どんだけ挑戦状をたたきつけるのか。それは感動的でもあります。




世界が どんどん混沌に突入しているけれど

混沌の先には きっといまだかつて無かったような 安定が広がる

そういう 長期の 希望を抱いて トランプ氏の行く末を見守りたいです。


 

ヒヤシンスの香り

この時期には 必ず ヒヤシンスを育ててしまう。

 

しまう。というのは

どうしても 年末になると ヒヤシンスが欲しくなるから。

 

部屋の暖房で だんだん育ってしまいますが

お正月前には 花の香りが立って 部屋中が良い香りにつつまれ始める。

 

 

春の香り。

 

この香りと 華やかな姿が 見たくなってしまい 年末の我が家には 必ずヒヤシンスの鉢植えが。

 

 

 

もう お正月ですね。

大好きなものだけは 作ります。

 

数の子はもう 漬けた。

 

本日は 黒豆を煮ております。8時間は煮るので その間外には行けません。

黒豆の良い香りもしてきた。

窓拭きなぞして過ごそう。

 

本当のところ、お正月という行事はあまり好きではありません。

大みそかの寝る時間が遅くなるとか 起きる時間が遅くなるとか

一日中だらだら食べてしまうとかで すっかり 日々のペースが崩れるのが

なんとなくいやなので。

でも

お節の料理の準備をしている感覚は けっこう好き。

だからといって

すべて作るわけではありませんよ。 

自分が好きなものだけ 手をかけて作る。というその時間が好き。

明日は 煮物やら 雑煮やら。

朝から台所でばたばたして、大掃除もしながら慌ただしく過ごすのは けっこう楽しい。

 

だけど

お正月は嫌い。偏屈なのね。

 

 

 

 

 

 

 

銀杏の葉っぱで 防虫剤
去年もつくりました。

今年も 銀杏の葉っぱで 防虫剤をつくろうと思い
日比谷公園へ。

松本楼前の 大銀杏 横画像で失礼します。



これはすっかり早々と落葉しています。

日比谷公園の紅葉は 真っ盛りでした!



葉っぱを水洗いして 干す。

去年もやった。




しっかり干した葉っぱを 絹か木綿の袋に入れて
引き出しの中へ。
ナフタリンのにおいもつかないし
無害だし。



この 銀杏の防虫剤は 呉服屋さんに教えていただきました。


全部 横画像でごめんなさい。




お誕生日のケーキ
去年から 勉強をしている仲間に ちょっと早いけど
お誕生日をお祝いしてもらいました。

そのケーキに感激!!!!

エステティシャンの!




火を灯すと こんなに 気持ちよさそうなベッドになるし。
しかも 永遠の25歳。




う、うれしいです。お願い

ありがとうございました。

わたし 頑張る!
実験実験
大型台風が近づいています。


前線を巻き込んで 発達すると 被害がとてつもないことになると

海外で騒いでいます。


本日の投票も 台風を懸念したのでしょう

私の投票地でも 土曜日の期日前投票に ものすごい人が並び

本番の選挙でも こんなに人が群れを成して並んだことは見たことがないくらいでした。

いや、まじびっくり。

確実に30分以上並ぶ勢い。

それでも 並んで投票しようとする人たちに感動しました。

私もその中の一人でしたけど。


予想ルートでは

日本縦断の勢い?


こんなときこそ

魔方陣の実験のチャンスですね。


自分の住んでいる土地

日本全土を守れれば 一番良いけど

とにかく

被害を最小にするということが出来れば。


魔方陣を知らなくても

その場合は 「意識」で守ろう。


自分の土地 (あるいは日本全土)にバリアーをかける。

とか

台風の進路そのものを そらせるとか。


その際のテクニックはあるようでない感じ。

すでに上空の雨雲を取り去ることが出来る人は 多々いると思うので

(晴れ女とか晴れ男とか)

もう出来てる人は 自覚無く出来ている。



私の場合は

雲に穴をあけるイメージをします。

その場所だけ青空が見えるイメージをすると

確実に雨は止む。

大雨警報の中旅行に行くときも 着いた場所は晴れる。


だから

魔方陣でなくても

それぞれの人がイメージするやり方で良いと思うのです。

天気図を見ながら 前線の場所を変えてみるとか

台風の進路に障害物があるようにして 進路を変更させるとか

自分の土地に バリアーの壁を作るとか

なんでも。


最強の台風から 被害が最小で収められることが出来たら

私たちは 自信を持てますね。


実験です。

どんな自然災害も これでおさえられるようになればいいんだもん。


いずれ 人間は

そういうことをするようになる。

地球全体を 人間の意識で守るように。

まだ先だけど 今は その過渡期。


自然災害に見せかけた シナリオを書いてくるものたちに

対抗するにも

それを意識の力で跳ね返せれば こわくない。

みんなで呪術師になればいい。


21号なんて こわくないぞって。
選挙に行かないということ
選挙に行かないという行為は

自分の意志を表明しないという行為。



自分の所属する世界に責任を取らないという行為。



選挙に行かない人間が みんな選挙に行くとしたら

たぶん とんでもないことも起きる。



最高裁国民審査も同じ。

私たちは 彼らに対して ほとんど情報を持たないから

自分で探さないと出てこない。

彼らが どんな判決を出したのか、とか。



選挙と一緒に さらっと 審査されちゃうと

私たちはうっかり ×をつけることをせずにきたから

司法がこんな有様になってきた。


こういう情報もあります。


http://netouyonews.net/archives/9678101.html

http://www.huffingtonpost.jp/2014/12/12/election-supreme-court_n_6313014.html



こちらは 個人のブログになりますが



http://blog.goo.ne.jp/saikousai_shinpan





ネットがあると こうやって簡単に 情報を共有できますね。





最高裁判事は 一度国民審判されると

定年まで 罷免されない。



けっこうな判決を出している人がいます。

本当に 最高裁なのか?って



私は ×をつけようと思っている人がいます。



私たちは ここでも 責任を取りたい。



まじめに生きてるから これでいい。

でもね

今私たちを取り巻いている状況は 実は全部 私たちが選択してきたこと

言い換えれば 選択しないで無責任に生きてきた結果なんだよね。



誰のせいでもない。

自分のせい。

政治がおそまつなのも 司法がおそまつなのも

日本国民のせい。



私たちが こういう国にしてきた。



自分の足で立とうとして

自分でちゃんと責任をとろうとしている人間は

どんどん これからの次元で強くなると思う。

そういう人間は次元操作も容易になると思う。



なんとなあく 生きている。

今後も地球環境が激烈になると分かっているのに

そんなふうだと 今後生きていくのは大変になるかもしれない。


投票率が高い地域は 災害の度合いが低くなる。とも言われます。
意識の高い人たちが 知らず知らず自分たちの地域を守ることができるかもしれません。

人間の意識は これくらい すごい力を持ってるはず。

大型台風が来ている。
その被害を最小にするためにも
選挙に行こうという意識を持とう。