AT EASE代表 長畑 佐代子のオフィシャルブログ

ツイッター  @sayoko11
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 新しい考え方の人 | main | ラバーによる好転反応 >>
好転反応
好転反応

これは排毒作用とも言われ 体が健康体になる過程で 様々な個所に痛みや不具合が起きるものです。

東洋医学では メンケン反応とも言います。


健康食品などでは よく利用される言葉でもあるので
それが本当の好転反応なのか あるいは自分の身体に合わない もしくは毒そのものの反応なのかを
見極めなくてはならないでしょう。


正しい好転反応は 排毒作用で
自分の弱い個所に痛みや不具合が起きるので

たとえば
胃腸の弱い人は 胃の痛み 胃の重さ 下痢 便秘
頭痛もちであれば もちろん頭痛
肩こり 体のだるさ 体の重さ 吐き気
以前に病気を起こしていた個所が 再び痛むとか

薬を多用していた場合は 震え 悪寒

好転反応であれば いずれその症状は綺麗に消えます。
驚くほどきれいに消えることが特徴でしょうか。

身体を変化させるためには 好転反応は避けられないものです。


正しい漢方薬 (ツ○ラの漢方薬は認めません)を漢方医に処方された場合
正しい方法で 断食を行った場合も
同様な反応が起きます。


脱ステロイドを経験されている方は 思いっきり体験しているはず。

身体に毒がたまっていればいいるほど
すさまじい反応が起きることもありますので
初心者は かなり驚きます。


本当に健康体になりたいならば
そのリスクは甘んじなければならないです。

なんのリスクも無く 健康になることは まずない。

免疫力をつけようとしたら
風邪をひいて 自分の力で薬を利用せずに 治すしかない。
それを繰り返すことによって 自己免疫力は育ちます。
高熱を出したら しっかり水分を摂り 温めるところは温めて 冷やすところはしっかり冷やして
苦しみながら 汗をかき 尿を出し ひたすら自分の細胞の力を信じて休養する。


安易に薬を利用することで
多くの人は 免疫力を失う生活をしています。

免疫力がないので インフルエンザにかかりやすい
どんどん弱い体になっているので
健康食品やサプリをたくさん摂りたくなる。
その健康食品の原料はどこから仕入れているのか気にしていますか?
さらに
除菌商品をたんまり使う。
空気中に除菌のスプレーを撒いたり・・・・

もったいないことです。

お金をかけて自分の身体を弱くしているみたい。


私の子育てのテーマは 「免疫力をつける」ということが最大でした。
そして 私の会社のコンセプトも同じです。


肌の美しさも 血流が綺麗に流れていることが大切。
シミが出来にくい肌にするのも 皺が出来にくい肌にするのも
身体が健康であるということが一番大きいことだと思うので。

滞ることなく血が流れれば それだけで肌は白くなる。
薄いシミは消える。

高価なクリームや美容液で 皺を消そうとしたり

メディカル美容で 肌に張りを持たせようとしても
その反作用は必ずどこかに出ることになると思う。












スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://ateasesalon.jugem.jp/trackback/1125
TRACKBACK