AT EASE代表 長畑 佐代子のオフィシャルブログ

ツイッター  @sayoko11
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< アフリカ ローズ | main | WE ARE THE FARM グリル野菜 >>
泣き女
友人が亡くなりました。

ご家族は 家族葬をするから それ以外の方はご遠慮くださいとおっしゃる。
さらに 家にいらっしゃるのもご遠慮いただきたい、との意向。

こういう場合
遺されたものは 故人にどうやって今までの感謝の念とか 現世での別れという
けじめをつけたらいいのだろう。
切ない・・・

今まで 葬儀というものは
亡くなった本人のため というよりも 遺された家族や友人のためのもの
という意識を持っていた。
故人が もうこの世の肉体界にはいない、という自覚を持つためのけじめだと。



連絡網を流していたら
風水を勉強している友人から指摘を受けた。

風水では 故人の魂を骨から剥がしてあげないとだめだという。
日本では火葬が一般的なので 荼毘に付す前に
骨から魂を剥がしてあげる必要がある。
そうでないと 骨が魂を記憶して 魂が自由でなくなる。
家族葬というひっそりとしたものだけだと 魂を剥がすことにはなりにくい。

「泣き女」というものは そのための儀式の一環でもあった。
だから
私たち友人も 彼女の魂のために
追悼をして 涙を流したり 彼女の思い出を語らなければ!

それを受けて
お別れをしたいと思う人たちが集まり
荼毘に付される前に 急きょ追悼のつどいをした。

彼女の空席を囲んで
みんなで 彼女を語り 涙を流すという集まり。


葬儀というのは
遺されたもののためだけではく
みんなが泣いたり 彼女を語ることで
亡くなった個人に 「あなたは死んだんだよ。」ということを自覚させる儀式でもあったのか・・・

長く患って亡くなったわけでなく
本当に急に逝ってしまったから
本人は きっと戸惑っているだろう。
なんとなく あやふやな感じで みんなに会いにきてくれているという感覚がある。
私 どうすればいいんだろう・・・という感じ。


彼女が大好きだった レストランで
彼女が愛した食べ物を食べ
店の常連の彼女のために お店の人が特別のカクテルも 彼女に作ってくれた
涙を流し 彼女の空席に向かって冗談を言い
みんなで「あなたがいてくれて ありがとう」と言い
彼女がどんなに大きな存在だったかを みんなで確認した。


そんなふうに
私たちだけでなく そのほかの 彼女を愛する友人が
彼女と ちゃんとお別れと感謝を伝えたいと 思うことで
ご家族が 告別式を開催してくださるという流れになった。
みんなが来れるように。と。

この流れに感謝。

彼女の肉体にも お別れを告げる機会を与えてもらった。

本当に 今まで こちらの世界で ありがとう。
これからは アストラルの世界で 一緒にいてね。




スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://ateasesalon.jugem.jp/trackback/1143
TRACKBACK