AT EASE代表 長畑 佐代子のオフィシャルブログ

ツイッター  @sayoko11
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ナビ派絵画のような ソール・ライター | main | 読んだら お得 >>
大森準平の縄文土器で 
息子が購入した縄文土器の作り手 大森準平氏の作品。

綺麗なグリーンの大型の縄文土器。

本人の承諾を得て 中に炭を入れてみたらしい。
土器の底には 砂利をつめて安定させて。



そのうえ 土器には網までぴったりにはまるというので
アルミに包んで さつまいもまで焼いてみたらしい。




そうしたら とってもおいしい焼き芋が出来たらしい。


なんという 贅沢な焼き芋でしょうか!!!


大森氏の縄文土器は 我が家の玄関にも 鎮座しています。
http://ateasesalon.jugem.jp/?eid=574




作家が承諾してくれたのなら 問題はないのでありましょうが
こんな贅沢な使い方をして 申し訳ないやら それでもめちゃくちゃ面白いやら。

準平氏の土器を愛する人間からしてみれば
視点を変えて
いろんなふうに 土器を使えたら 生活が もっと豊かになりそう。

準平氏の縄文土器は お茶室の水指にも使われているくらい アーティスティックでクールなのに
まさか 焼き芋を焼かれるとは 土器も想像できなかったに違いない。

準平氏 病気療養していたけれど これから また少しずつ活動するという。

元気になって また 素敵な縄文土器を焼いてもらいたい。
楽しみにしています!!!!





スポンサーサイト
縄文土器で焼き芋!
写真を拝見して面白いやらかっこいいやら。
焼き網が全く違和感ないですね。
もしかしたら本当にこんな風に使われていたのかも・・
息子様のセンスに脱帽です。すごい!
naoko | 2017/06/16 09:16
naokoさん

面白がっていただいてありがとうございます。
本当に焼き網がぴったりはまって。
かっこいい 炭焼き器です。
sayoko | 2017/06/19 08:16
COMMENT









Trackback URL
http://ateasesalon.jugem.jp/trackback/1149
TRACKBACK