AT EASE代表 長畑 佐代子のオフィシャルブログ

ツイッター  @sayoko11
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 銀杏の葉っぱで 防虫剤 | main |
心の後に身体
心に大きな打撃をくらうと

深い悲しみとか
強烈な驚きとか 怒りとか
大きな失望とか 

心がある程度回復したころに 必ず身体に出てきますね。


この「心が回復してきたころに」というのが にくい。
心がボロボロの時に 身体もボロボロになってしまったら
もう 立ち直れない。

だから
ちゃんと 心が回復してきて よしもう 大丈夫かなと
思われる時点で(誰が思うのかな) 身体に影響が出てくる。

特に こども
原因が分からない こどもの身体の不具合とか 不調は
だいたい さかのぼって 半年とか 3か月くらい前の 出来事に由来していることが多いと思います。

神経症とか 原因不明の痛みとか 不眠とか・・・


お医者様に行くのと 同時に
半年前に何があったのか
考えてみると その原因が判明することがあります。
これは 私の経験上のことですが。

同じように
大人も 心の問題が ある程度解決した後に
身体をやられます。
やられるっていうのは ちょっと言葉が正しくないかも。
完全に回復するために 身体にたまったうみを 表出させる、ということかな。


私の場合は ぎっくり腰。
ちょうど 半年前 かなりの出来事がありまして
心をひどく折られました。
深い悲しみから だんだんその色を変えて
最終的には 猛烈な「怒り」?
こういう感情は何十年ぶりだろうという心の揺さぶりでした。
そこから 心が立ち直ってきたなあと
気をゆるませていたら ぎっくり。ゆう★

もちろん その引き金はありました。
長い時間 寒い公園で 銀杏の葉を拾っていたから。
「冷え」ですね。

そのあと
きたんですわ。

ご存じの方もたくさんいらっしゃると思いますが
腰」は 「怒り」の感情に左右される個所です。
腰痛も。

ちなみに
驚きは 心臓に
悲しみは 肺に
不安は 腎臓に
気づかいは 胃に
まさに 胃潰瘍なんて その表れですものね。
怒りは 肝臓に。腰にもね。


ああ この痛みは
心の痛みでもあるのだな。
私の腰は 私のあの時の感情に耐えていたのだな。

そう思うと
この ぎっくり腰の痛みも 感慨深い。kyu

話は変わって
ぎっくり腰は 来年4月から始める 私の全身整体エステでも治療できます。
頸椎と股関節 背中にアプローチしたら 治っちゃうんです。

自分で自分の整体はできないから
夫に 懸命に説明してやってもらおうとしたけど
なかなかうまくいかない。
なので
完治に数日を要しましたが
回復しました。


ぎっくり腰をやって
半年前の自分を振り返り
回復した心に感謝しました。


起きる出来事は すべてが感慨深い。

スポンサーサイト
その渦中ではそれどころではないですが、
体験してきたことすべてあっての今の自分だなぁと感じます。

「起きる出来事は すべてが感慨深い。」
いい言葉だなぁとしみじみ思います。

4月からの整体エステ楽しみです!
naoko | 2017/12/09 13:54
naokoさん

お待ちしています。
sayoko | 2017/12/10 18:45
管理者の承認待ちコメントです。
- | 2017/12/14 08:55
COMMENT









Trackback URL
http://ateasesalon.jugem.jp/trackback/1173
TRACKBACK