AT EASE代表 長畑 佐代子のオフィシャルブログ

ツイッター  @sayoko11
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< なんか凄い。ぞわっとくる | main | 本当に何も隠せない 世の中になりつつあるのですね >>
わたしを離さないで
ノーベル文学賞受賞作家 カズオ・イシグロ氏の「わたしを離さないで」

もう お読みになりましたか?


まだお読みで無かったら ネタバレになりますので これ以上読み進めないでください。
内容を知らずに読んだ方が 面白いので。




あたかも ハートフルな青春小説なのか?と思わせる冒頭。
淡々と語られる主人公の思い出。
なんと それは 臓器提供のために生まれたクローン人間のための施設の話だと分かる。


なんという内容でしょうか。


これはイシグロ氏の奇怪な想像小説として絶賛されていますが
私はそう思えません。

臓器提供のためのこどもというのは 本当に存在する。
少し調べれば 出てくる事実です。

私は 今から40年以上前 学生時代に あるジャーナリストのノンフィクションを読んで
初めて 知りました。
臓器提供のためのこどもを産ませる施設もある。

ここで こんなグロテスクな話をこれ以上展開するつもりはありませんが

何が言いたいかと言うと

イシグロ氏は すべて分かっていて あえて 青春小説のような抑制のきいた文体の中に
真実を入れ込んだのではないか。
これは 彼の告発なのではないか。


本当にこんな施設があったなら まだ救いはあるかもしれない。
事実はおそらくこんなものではない。
ある意味 これはファンタジーでもある。

主人公は 自分の運命を受け入れ 静かにその使命を果たそうとしていくことが
とても残酷に感じますが
実際はもっと残酷のはず。たぶんどこにも救いはない。
救いのない事実って どれだけ 世の中にあふれているでしょうか。

ノーベル賞は いわゆる支配者層にとっての好都合な発見や発明が称賛されるためのものなのだろうと
思いこんでいましたが
最近は 次元移動したことで そこの組織も変わってきたのかな?価値観が変化しているのかな?


これはまさに 形を変えて事実を暴露していると思うから。
 世の中もずいぶん進んだものだなあ、って。


見ようとしなければ 絶対に見えない事実は 世の中にたくさんありますよね。

でも 本当かなって 調べてみると どんどん見えてくるものもたくさんあります。
こういう事実は 目をそらしたくなることの一つですが
ちゃんと自分の目で調べて 世界の闇を見つめていかないと
「生きてる」ってことにならないと思うから。







スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://ateasesalon.jugem.jp/trackback/1186
TRACKBACK