AT EASE代表 長畑 佐代子のオフィシャルブログ

ツイッター  @sayoko11
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 風神雷神を オルガンと和太鼓で | main | 不思議なカップ >>
ガルニエが 鳴り響いた
22日 東京芸大奏楽堂で ティッターリントンのオルガン・リサイタルがありました。

ティッターリントン氏は 英国王立音楽院のオルガン科主任教授で
東京芸大に招聘教授として学生の指導とリサイタルのために 今回は来日されたそうです。

いや まじに驚いた。

つい最近 芸大の学生がここ奏楽堂の巨大な ガルニエ パイプオルガンを
響かせようと 大音響で演奏していたのを聴いていたばかり。
大きいだけで 美しいとは思えない音に残念な気持ちがいっぱいだったのですが

ティッターリントンさんは ものすごかった!!!!

さすが 最高峰のオルガン科教授は トップアーティスト。
オルガンの音を こんなに美しく響かせてくれるなんて。
まるで イギリスの教会にいるような気持ちにさせてもらいました。

奏楽堂の ガルニエが こんな音で鳴り響くのを初めて聴きました。



小さな音も 大きな音もとてもとても美しい!

一体どうやって こんな音を作れるんだろう?と
後半は ずっと オルガン横のアシスタントの手元ばかり見つめてしまった。
遠かったから よく見えなかったけど。
アシスタントは ものすごく素晴らしい音を響かせている間 ずっと手を動かしていた。
ということだけは分かった。

オルガニストは 演奏だけでなく そのオルガンに合った 最適な美しい音を作れなければ
感動的な演奏にならない。

巨大パイプオルガンの音を 本当に美しく響かせてもらうと
体中の細胞が踊りだすのです!


心が震えて 体中の細胞が 生まれ変わった感じ。
今までに こういう経験は インパルが指揮した時と ドレスデンの合唱団が来た時
そして 今回のオルガン。

こういう経験をさせてもらうと
確実に若返りますね。

素晴らしいコンサートでした。
ティッターリントン氏の演奏に感謝。








スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://ateasesalon.jugem.jp/trackback/1191
TRACKBACK