AT EASE代表 長畑 佐代子のオフィシャルブログ

ツイッター  @sayoko11
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< タニタカフェに行ってきた | main | 朝食に 醤(ひしお)キュウリ >>
スーパー調味料 醤(ひしお)がすごい!

お客様から教わって 醤(ひしお)を作ってみました。

 

ひしおとは。

ひしお麹と醤油 水を混ぜて発酵させた 天然のうまみ調味料で

1週間で完成したら 一生腐らないという万能な食べ物。

 

アミノ酸の量は 甘酒以上。

抗酸化作用もあり

麹菌による 美白効果もある!!

豊富なビタミンB群

 

 

良いことづくめでの 調味料なのです。

 

お客様が 醤を手作りされたという話を伺い 猛烈に興味を持ったのですが

その方が 親切にも 作り方と 原料のひしおの糀 という ひしお麹まで持ってきてくださった。(*^^)v

 

作るしかない!!

当日の夜に ひしおを入れる ガラス瓶を買いに行った。2リットル入りのやつ

 

でもって ガラス瓶に

 

ひしお麹 550グラム

醤油 600cc

水  300cc

昆布 10×3(細かく切って)

 

まず ひしお麹を 瓶に入れて手でよくひねりつぶす

醤油を加えて 麹とよく混ぜる 麹にもみこむように

水を加える

底の方からよく混ぜて 白いアクのようなものが浮かんで来たら 混ぜ終わり。

ちぎった昆布を入れて 軽く混ぜる(私は細く切った)

容器の内側を ベーパータオルで綺麗に拭く

常温に置き 1日1〜2回混ぜる (私は一回だけだった)

 

最初の一週間は 酵素を送り込むために かいいれ(素手や木べらで空気を入れるように混ぜる)を行う。

当日はまだ 醤油がたぽんたぽんしている状態です。

翌日は びっくりするほど かっちかちの塊になりましたが

毎日 混ぜているうちに どんどん柔らかくなってくるんです。

一週間で とろみのあるすりみそ状態になる

完成!

 

混ぜ終わった状態がこれ

周りを綺麗に拭いてない状態ですけど・・・

 

 

このまま 生野菜のディップにしても美味しいし

ごはんのおともには 梅干しを混ぜたり 鰹節を混ぜたり

にんにくや山椒を混ぜたり

 

肉や 魚の漬け床にしたり

 

料理の隠し味にしたり

 

市販の調味料と混ぜたり

ジャムとで 肉のソース

豆板醤で 炒め物

生姜や わさびで冷奴

などなど。

 

何しろ 腐らない。

量が減ってきたら 材料を足していけばいい。

 

災害時には これだけ なめても ビタミンも塩分もある。

素晴らしいですよね。

 

 

作り方の動画は ネットでも出ているようです。

 

我が家は 生のキュウリを これでがりがり齧る

ナスを油いためして これを絡める

生姜焼きに入れる

味噌汁に足す

 

などしてみました。

 

この夏の猛暑にはぴったりじゃないか!

 

 

一番のお勧めは

大根おろしと醤甘酒だれのアボカドかけ なんですって。

醤 大匙2

甘酒 大匙1

アボカドは 1センチ幅に切る

大根はおろして 水気を軽く切って たれと合わせる

アボカドに たれをかける

 

甘酒を買ってこないと。

 

 

 

指南いただいた Mさま 無事に出来ました!

ありがとうございます!

 

可愛がって 育てていきます。

 

 

 

 

 

スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://ateasesalon.jugem.jp/trackback/1204
TRACKBACK