AT EASE代表 長畑 佐代子のオフィシャルブログ

ツイッター  @sayoko11
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< レイアーズオブネイチャー | main | 縄文紋様のエネルギー >>
最古の茶室 待庵を体験

森美術館で 「建築の日本展」が開催されています。

 

建築フェチなので とても楽しかった!

 

日本ならではの「木組み」の解説。

なるほど こういう風に 重ねてあるのか!

釘も接着剤も使わないものすごい技法ですよね。

 

 

「会津さざえ堂」

 

これの模型。

レオナルド・ダ。ヴィンチが描いた二重螺旋図が江戸時代後期に東北地方に伝わったという説がありますが

その起源は謎のまま。

右回りの螺旋と左回りの螺旋が交差しないという不思議な建物です。

本物を見に行きたいなあ。

 

日本ならではの技法と現代建築の 対比もあり

こういう風に 生かされていたのか、と興味深い。

 

桂離宮は すでにモダン建築だったとか。ね。

 

 

丹下健三氏の自邸の巨大模型。

丹下氏が尊敬する ル・コルビジェの「サヴォア邸」そっくりの高床式。

正倉院も彷彿とさせます。

現存しませんが 三分の一のスケールで宮大工が再現しています。

 

目玉は 現存する最古の茶室

千利休が作った 国宝「待庵」の実物大再現です。

 

 

本物の国宝には入れない。

けれど この再現された茶室には なんと!中に入ることができます!

 

秀吉のために作られた わずか二畳の空間を体験できるのです。

これは 価値あり!!!

 

さらに ライゾマティクス・アーキテクチャーが

最新技術で日本建築を再現してくれますし。

映像系好きなので これも面白かった。

 

 

話題の建築 たっくさんたくさん 模型や映像で 展示されていて

ボリュームたっぷりです。

 

たっぷり時間をとって 観てください。

 

私は すごく楽しんできました。

 

涼しいし 混雑しないし、この夏には最高です。

 

スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://ateasesalon.jugem.jp/trackback/1207
TRACKBACK