AT EASE代表 長畑 佐代子のオフィシャルブログ

ツイッター  @sayoko11
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 最古の茶室 待庵を体験 | main | 魂の記憶 >>
縄文紋様のエネルギー

国立博物館で「縄文展」が開催されていますが

是非 生の縄文土器のエネルギーを感じてもらいたい。

 

縄文土器の様々な文様は まじない そのものだと私は思っています。

 

特に火焔土器のすさまじい エネルギーを直に感じられます。

縄文土器を模した 教材用の土器やお土産売り場には 縄文土器のコピーが売られていますが

その両者のエネルギーの違いを実感するチャンスです。

 

紋様を分かってつくっている当時の人間と

分からずに模している土器の違いは 一目瞭然です。

 

縄文アーティストの 準平さんがつくる 土器にはエネルギーがある。

我が家の玄関に鎮座していますが

彼は縄文人だから 分かるのでしょうね。

これです。

 

それだけでも

縄文という時代が どれだけ すごいものだったのかということが

分かるのではないでしょうか。

 

縄文に関しては

まともに研究は出来ないことになっているので

国立系の教授たちは 本気の研究は出来ません。

 

ですので

今回の展覧会の キャプションもかなり陳腐だと感じました。(ごめんなさい)

本当のことは 語れない。

何故なら

縄文のエネルギーは すさまじくて

その後の 大和朝廷が 鬼門と恐れて その存在を消去したように。

縄文のビーナスと呼ばれている 土偶の説明も ひどい。(と感じました。あくまでも私見です)

 

縄文土器の内側には

縄文セラミックが 塗られているので (うちの商品の原料になっているものです)

当時の 縄文人に病人はいなかったと

聞いています。

こんなことも 一切語られませんよね。

 

それらをすべて封印したために

世の中に病気が蔓延し 人々が不幸になっていったのに・・・

 

 

 

迫力の 大型土器

その圧倒的なエネルギーを 身体全体で感じてみてください。

 

現在 けっこうな勢いで 縄文ブームが来ているようですが

これも時代を反映しているのでしょうね。

 

 

 

ちなみに

ショップでは 南部鉄器の 土偶ちゃんが売られていて

2個セットなのですが 箸置きにもなるし

私は 正月用の黒豆を煮るときに使おうと

買ってきました。

こんなの。

 

これは貝の塩出しに使っているところ。

この商品とは形がちょっと違います。

2個セットの 土偶ちゃんは 一人が腹筋 一人が背筋しているポーズで 愛くるしいです。

 

とても気に入りました。

 

 

 

9月2日まで。

 

ものすごい物量の 土器と土偶にお腹いっぱいになります。

 

 

 

スポンサーサイト
念願叶って縄文展行ってきました!

平日だったにもかかわらずものスゴイ混雑でしたが、
一同に会した縄文を間近で見るには滅多に無い機会と少し強気で(笑)一点一点をじっくり見て回りました。

saraさんもおっしゃるように、キャプションは陳腐で
素人の私が読んでも「ホントどうなの・・・?」

そして、そういった説明など不要!と言わんばかりに存在感ある縄文土器の存在感と迫力!
国宝の火焔式土器を見た瞬間、
そっと抱きしめて頬ずりしたい衝動にかられました。

どれも目線の位置に展示されていましたが、
周囲の皆さんが口々に
「中はどうなっているの?」
「中が見たい。」
「鏡で中を映してくれればいいのに」
私も同じ事を思いましたよ。

もしかしたら人々の心の中に
「土器の内側にはナニか大事なものがある。」
という記憶のような、感覚的なものを感じていたのかもと思いました。

閉館ギリギリまで居たら人が減ってきたので
再度巡って裸展示の火焔土器ブースにも。
人が多すぎて雑多な雰囲気だったのが一転して、
静かに燃えあがるような佇まいを醸していたのが印象に残ってます。

長くなってしまってすみません。

そうだ!お金も貯まってきたので
縄文マグカップ注文したいです。
これはまだ予約受け付けしていますか?
ハクツル | 2018/08/21 18:12
ハクツルさま

迫力はすごいですよね。
あれを間近で見たら 縄文系のエネルギーのすさまじさに封印したくなる気持ちも分かるような気がします。

マグカップ 制作がめちゃくちゃ遅れているので
2か月前に注文してくださった方にもまだ届いていません。ごめんなさい。
なんとかしたいとは思っているのですが。
sayoko | 2018/08/22 07:41
COMMENT









Trackback URL
http://ateasesalon.jugem.jp/trackback/1208
TRACKBACK