AT EASE代表 長畑 佐代子のオフィシャルブログ

ツイッター  @sayoko11
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< カルチェ 時の結晶 | main | ゴッホ展 薔薇を観に >>
良心の呵責
原因が不明の体の不調。

何をやっても良くならない症状とか。
カリスマ整体師のところにいっても 治らない。


こういう時は だいたい心からきているということを
整体師は知っています。

たいがいは 良心の呵責から。

良心というものは 大いなる自己とか 守護霊に代わるものとして
私は認識していますが
自分に嘘をついていたり
人を故意に傷つけていたり
そのような 自分の心を偽らざるえない場合 良心が発動するようです。

どんな悪人にも 良心はあります。
残虐非道なことを平気で行うような人間にも 大いなる自己は存在するはずなので
自分で意識していなかったとしても 良心は自分の行為を見ている。
だからこそ 自分の行いに対して 結果として地獄へ落ちるということになるのだと思います。
つまり
自分が自分を地獄へ落とすということ。
地獄というものは 自分が作り出すものだと思っています。
だから 逃げられない。何しろ自分が自分を落とし込むものなのだから。

そこまで ひどいことをしていなくても
自分の心を偽っていると 良心が発動して体にメッセージを送ってくれる。

気が付きなさい、と。

私も経験しました。
亡き母が入退院を繰り返していたとき
プライベートでも 大変な時期で 慌ただしい時期でした。
母の不具合に 気持ちの上でまったく寄り添えなかった。

背中の筋肉がよじれました。しまいには 右手が動かなくなり
包丁も握れなくなるというまでに。
その不調はなんと数カ月も続いたのでした。

自分の気持ちに気が付いて その気持ちを否定せずに 受け入れたときに
体の不調はあっというまに消滅しました。
つまり 自分の自己本位な気持ちや 母への本当の気持ちなどをしっかり受け入れたときに。



良心の発動に 気が付かないと
その症状は 次第に重くなります。
それはメッセージだから。
原因不明の不調がつづいていたら 心に手を当てて
自分の気持ちを 探ってみたらどうだろう。
今の私の気持ちはどうなのか?  自分に嘘をついていないか?

心が解放されると 身体が解放されますね。



スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://ateasesalon.jugem.jp/trackback/1280
TRACKBACK