AT EASE代表 長畑 佐代子のオフィシャルブログ

ツイッター  @sayoko11
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
シャガール 「青いロバ」
東京ステーションギャラリーで「シャガール 三次元の世界」展が開催されています。

こちらでは 絵画のみならず
陶芸や彫刻がたくさん展示されています。

シャガールの 陶芸は 初めて見ました。

中でも 公式ホームページに出てくる 陶芸作品「青いロバ」
衝撃的でした!

なんという自由さ。

「ロバ」のモティーフは 絵画でも何度も何度も繰り返し出てくるものですが
この 壺は ロバが主人公。

私は今 泉先生という ものすごく優しい先生に巡り合い
甘やかされながら 陶芸をやらせていただいていますが

「うわ、これ。めっちゃ欲しい!!!」
いつか 私もこの「青いロバ」のオマージュ作品を陶芸で作ることが出来るかしら。
今後の意欲が出てきました。

ピカソの陶芸も 自由奔放で好きですが
シャガールは その上を行く感じ。

石や大理石にも彫刻を施していますが
その本来の形のままに。
ゆがんだままに 楽しんで彫刻しているのが良く分かる。

ありのままを 歪んだ状態を 枠のはめられたその条件下で思う存分楽しんでいる感じで
「いいなあああheart」と感心しました。

絵画も自由ですが
陶芸も彫刻も 自由そのもの。

布を使ったミクストメディアも 可愛いし・・・・


シャガールは まだ 絵画初心者だった 10代の私が
一番最初に好きなった画家です。



色の美しさもさることながら
その自由奔放さ。

その頃の 苦しい青春真っ只中の私に 「自由でいいんだよ」と
メッセージをくれた画家。

今回は 初めて シャガールの 陶芸に接することが出来て
本当に幸せでした。


12月3日まで。

nidoさんで 手鏡ワーク

ガラス工房の nidoさんで 手鏡ワークショップに行ってきましたーーーー!

 

ネットであれこれ 見ていたら こちらのガラス工房の センスに感動して

早速ワークショップに申し込みする。

 

可愛い 古民家のアトリエです。

 

 

 

こんな ガラスの切れ端をつなぎ合わせて 手鏡を作ります。

初めての ステンドグラス体験。

 

 

 

下準備して 並べてみる。ああかな、こうかなって。

不揃いのガラスたちだから 組み合わせるのも楽しみです。間に丸いビーズを入れたり・・・

渋い色目。

 

 

 

これらを はんだ付けして

アンティーク風に腐食させて 出来上がり。

 

この 不可思議な形が いいかんじ。

 

すっごい楽しかったので 近いうちに 再度来店して また作る!!kyu♪

 

 

 

向き合わない
今年 ものすごく夫婦として向き合ってしまい
軽い 鬱になった。

こんなに気分が落ち込むなんて 本当に 何十年ぶりでしょうか・・・・
生命力を失う感じ。


こんな長い間一緒にいて どうして私の気持ちが分からないの?
あるいは
どうして理解してくれないの?

とてもとても落ち込みました。

何故こんなに パートナーを傷つける言葉が出るのだろう?
そして その言葉に こんなに傷ついた自分にも驚いちゃったわけでして。

めでたく
鬱からは短期間で脱することが出来ましたが

夫婦ってつくづく難しい。

「人生フルーツ」というドキュメンタリーが ミニシアターでロングランしています。
90歳の建築家と 87歳の それを献身的に支える奥様の物語で
究極の理想夫婦として 観た人は感動する。
夫婦の価値観が 素晴らしい。その生き方も素晴らしい。
映画を観ながら 号泣している人も・・・

その 奥様が インタビューで
秘訣は 「向き合わないこと」とおっしゃっていて
びっくりしたのと同時に 感動しました。

それはどういうことだろう?
と自分なりに解釈してみたのですが

まじめに向き合ってしまうと
とことん 自分を理解してもらおうとしたり
相手の 言動が信じられない!と 否定したくなったりするけど
向き合わなければ
現在の状況だけに感謝できる。

今ここにいる 相手だけを見て
その行為や 言葉に感謝できる。
しょせん 他人なのだから 分からなくてもいいんだ。
違っていて当然なのだ。
分からなくても 好きなところがあるからいいんだ。

そして 相手をうんと思いやることができる。
結果 自分も大事にされる。

ということじゃないかと。

そんなふうに
向き合わない、と決めてしまうと
なんて 楽なのでしょうか!

どんなことを言われても されても
まあ いいや。
と流せます。

違っていい。
分からなくていい。

好きなところがあれば それでいい。

違う部分がたくさんあるパートナーですので
おかげで 私のキャパシティはかなり広がりました。
でも さらに
そのキャパシティは 無限大になりつつある。

この 流れに 人世に感謝。